レストランなど

フレンチおでんの「紅白 ルクア大阪店」で料理とワインを堪能!

以前に、「紅白 阪急三番街店」に行ったことはあったのですが、今回は「ルクア大阪」の地下2階にある「紅白 ルクア大阪店」に行った際の備忘録です。美味しかったです。

フレンチおでんの「紅白 ルクア大阪店」について

場所:大阪市北区。JR大阪駅から徒歩1分。「ルクア大阪」の地下2階「バル地下」内。

紅白 ルクア大阪店 (食べログ)

食べログによると、三ツ星シェフ2名とソムリエ12名、カジュアルで、リーズナブルで、クオリティが高い点がセールスポイントのようです。どうりで料理もワインも美味しいはずです。しかも確かにリーズナブルです。

「バル地下」は昼間からお酒が飲める設定の空間で、多くのお店が入っていますが、どこも休日は日中から非常に混んでします。例に漏れず、「紅白」も我々が行ったのは15時過ぎだったと思いますが、30分近く並んで席に着くことができました。

店舗の外観は、柱だけで壁がありません。そのため、外からも店内が見えています。楽しくワインを飲んでいる様子が外から良く見え、非常に活気もあるので、多くの方が通り過ぎながら店内の様子をついつい見てしまっている気がします。

料理のメニューは、日本のおでんとフレンチを融合させたフレンチおでん数種類、前菜グリル系のメイン料理などの単品です。しかもメインも含めロープライスです。

グラスワインは赤・白各12種類、泡6種類がオンリストされていました。フランス、イタリア、ワイン新興国、軽いものから重いものまでいろいろなラインナップとなっています。

フレンチおでんの「紅白 ルクア大阪店」料理とワイン

料理は全て単品でのオーダーとなっていて、数品ずつ2度に分けて、グラスワインと共にオーダーして行きました。

フレンチおでんの「紅白 ルクア大阪店」料理に合わせたワイン

まずワインは、私がバローロ、妻がシャンパーニュをオーダーしました。直前までエノテカのバローロの生産者来日イベントに参加していた流れで、私はバローロをオーダーしました。

生産者来日イベントに参加、バローロのレナート・ラッティエノテカ大阪店の生産者来日イベントに参加した際のレポートです。バローロの生産者レナート・ラッティ。来日されたのはオーナー・ファミリーのピエトロ・ラッティ氏。気さくな語り口によるワインの説明を聞きながら、素晴らしいワインを6種類テイスティングしました。...

 

メニューには、お店が付けたキャッチコピーが各グラスワインごとにあり、バローロは「重口 超絶」でした。ソムリエの遊び心と感性が垣間見れ、メニューを見ているだけで楽しめます。ちなみに、赤ワインのグラスですと、380円から850円の価格帯となっており、お値打ちな美味しいワインが並びます。

1杯目

バローロ・〇〇:キャッチコピー「重口 超絶」、ブドウ品種「ネッビオーロ」。850円/glass (〇〇部分は失念)

 色合いに茶色系は少なく、ボルドーのような青系(紫系)は全くない。甘くて、上品な赤系ベリー、シナモン、花の香りなど、フローラルな印象です。口に含むと、ブルーベリーのような黒系果実の味わいがあり、赤い甘い香りが鼻腔から抜けていき、素晴らしい香りの余韻を楽しめます。恐らくまだまだ若く、そのためフレッシュ感があり、華やかな味わいと香りでした。

シャンパーニュ・ルイ・ドール・ブリュット:キャッチコピー「普段着の本物」、ブドウ品種「シャルドネ」。550円/glass

 柑橘系果実の酸味により爽やかな印象ですが、味わい・香りともにふくよかさがあります。さすがシャンパーニュ。

2杯目

サンシニアン・ディヴィーヌコムディ:キャッチコピー「Theスパイス」。ブドウ品種「シラー・グルナッシュ」。470円/glass

 生き生きしたブリーベリーなどのフレッシュな黒系果実とスパイス。チャーミングな印象を受けます。酸味と渋味があり、こちらも若いワインだと思います。良いワインのチョイスをしておられます。

マルタンシャッツェル:キャッチコピー「凛とした風味」。ブドウ品種「ピノ・ブラン」。650円/glass

 スッキリとした柑橘系果実、清涼感のある香りと味わい。

フレンチおでんの「紅白 ルクア大阪店」料理

全て1品ずつ注文し、二人でシェアしました。

1品目 フレンチおでん「大根のポルチーニ茸 クリームソース掛け」

ポルティーニのソースがコクうまです。大根は軽く出汁が効いていますが、歯ごたえは残しています。ハマりますね。180円

2品目 フレンチおでん「牛フィレあっさり和風ソース季節野菜添え」

脂身がなく、ジューシーで柔らかく、また、薄めの味付けの和風ソースにしてあり、フィレの素材の味が活かされていて、めっちゃ美味しかったです。390円

3品目 ワインに合う肉料理「マグレカナールの<鴨>ロースト」

お肉が柔らかく、ジュ―シーで、鴨の味がよく出ていて美味しい。950円

4品目「レタスのシーザーサラダ温泉玉子添え グレープフルーツの香り」

カリカリ・ベーコンと、カリカリの大きなクルトンと共に。グレープフルーツの酸味が効いていてスッキリとした味わい。温泉玉子と一緒に食べると、酸味がマイルドになっていい感じ。赤ワインにも合うなぁと感じながらワインが進む。560円

5品目 フレンチおでん「白身魚のクネル仕立て オマールエビのアメリケーヌソース」

オマールエビのソースは甲殻類の出汁が良く出ていて香ばしさがあり、インパクトがあります。白身魚のクネルとソースが良く合う。260円

6品目 メイン「真鯛のポワレ セミドライ・トマトソース」

真鯛のポワレは、真鯛の皮がパリパリで好きです。真鯛の身は上品な味わいですが、コクがあり美味しい。添えてあるバジルの風味も良く合います。760円

フレンチおでんの「紅白 ルクア大阪店」の感想

並んだ甲斐がありました。グラスワインのラインアップが多いお店は、お店選びの際の私のポイントの一つです。「紅白」も赤、白、泡の合計で30種類、内、シャンパーニュ3種類です。しかも梅田で赤白とも300円台からの設定はなかなかなさそうな気がします。

決して安かろうまずかろうでないところもソムリエのチョイスが光ります。

料理は、フレンチおでんが結構ハマると思います。料理が出てきて食べると、意外な素材や味わいですが、しかし、ちゃんとおでんであり、しっかりとフレンチであることを感じ、面白いです。

ちなみにグリルは8種類ほどあり、どれも美味しそうで、毎回どれをオーダーするか結構悩みます。

1品のボリュームはちょうど良いか、やや少な目でしょうか。そのため、2人でシェアすると、割烹のように少しずつですが、品数を食べることができるので、いろいろと楽しめて我々にはちょうど良いです。

1品料理とグラスワインの店と考えると、バルのような立ち飲み感覚(実際には椅子はもちろんあります)でも来ることができるカジュアルで、美味しい店ともとられることができます。

但し、30分以上並んで1品&1グラスでは、美味しいだけに物足らないので、ついついたくさんワインを飲んでしまうと思います。

フレンチおでんの「紅白 ルクア大阪店」関連のおすすめ記事

・同じくバローロが美味しかった南森町のこちらもお勧めです。

「トラットリア ゼータ」(本ブログの他の記事へのリンク)

・牡蠣料理、梅田界隈なら、こちらもお勧めです。

オイスターバー ワインと牡蠣のちょっと贅沢な休日ランチ 大阪市北区の阪急32番街、空庭Diningにある「ウメダステーション・オイスターバー」でのちょっと贅沢な休日のランチのレポートです。いろいろな牡蠣料理10ピースをワインと景色を楽しみながら、ゆったりと過ごしてきました。たまにはリフレッシュもいいですね。...

フレンチおでんの「紅白 ルクア大阪店」 お店の情報

・店舗名: 紅白 ルクア大阪店 (食べログ)

詳細はリンク先のページでご確認ください。

・場所: 大阪市北区。「ルクア大阪」の地下2階 「バル地下」内。

・最寄り駅:JR大阪駅から徒歩1分。

・予約:残念ながら予約不可です。

・混雑状況:平日は不明ですが、休日については、過去に通りかかった時や、待ち人の列が長くて何度となく断念した時も踏まえ想像すると、どの時間帯でも少なくとも30分程度は待たないといけないような気がします。今回は15:30頃と中途半端な時間にも関わらず、30分待ちでした。17時頃になると、待ち人の列は倍近くになっていたので、繁忙時間の隙間を縫うように行かれるのがお勧めです。

ABOUT ME
ワインの探究者ヴァンさん
★週末だけでもいいので、ちょっと美味しいワインを飲みたい!というタイプです。★必然的に家飲みが多めですが、ソムリエ・ソムリエールがサーブするワインバーも大好きです。 ★直近2年程で500種類を飲み、ワインセラーのストックは300本超に。 ★好きなコミック:『神の雫』
あわせて読みたい!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です