おすすめワイン

ピノノワールのおすすめワイン 価格帯・地域別の厳選5本

昔からワインが好きでいろいろと飲んできました。最近の私の備忘録を見ると、最近2年間だけで500種類ほどのワインを飲んでいます。

そして、ここ数年の備忘録をチェックしていくと、赤ワインが多く、その中でも最も多いブドウ品種がピノ・ノワールです。2016年夏から記録している備忘録全体からピノ・ノワールを主体とするワインをチェックすると、ここ4年弱で約250本飲んでいました。

なぜピノ・ノワールに惹かれるかというと、飲み口が優しく、食事にも合わせやすい。同時に、ワイン単独で飲んでも非常に楽しめることが挙げられます。

また、ピノ・ノワールというブドウ品種は、他のブドウ品種とブレンド(アッサンブラージュ)せず単一でワインを造ることが多いです(例外多数有り)

ピノ・ノワール単独で造られるワインは同じような味わいになりそうですが、造られる地域(テロワール)、造り手(生産者)、年代(ヴィンテージ)、そして、熟成などによって非常に個性豊かなワインが出来上がります。

つまり、ピノ・ノワールという単一品種で造られるシンプルさにも関わらず、様々なワインが造られているところも非常に惹かれます。

そんなピノ・ノワール好きな私がおすすめのピノ・ノワールのワインを価格帯と地域別に5種類ずつ選びました。

参考にしていただき、ピノ・ノワールの魅力に多くの方に触れていただきたいなぁと思います。

ピノノワールのおすすめワイン 価格の特徴

さて、私の印象ではピノ・ノワールは他のブドウ品種に比べてやや高価な印象があります。いろんな理由があると思いますが、栽培の難しさ、単一品種でワインを造るためブドウの出来具体を踏まえてブレンド(アッサンブラージュ)によって味のバランスをとることができない、そのため品質や供給量が安定しにくく、どうしても生産者は価格を上げざるを得ないということが言えるのではないかと思います。

とは言うものの、多くの高価なピノ・ノワールでできたワインは、例えばブルゴーニュなどは、生産者の絶え間ない努力によってワインの個性が引き出されており、多かれ少なかれ飲む価値が高いため、財布事情が許し、機会があれば色々と試していくべきワインと思っています。高価なワインは、好みの違いこそあれ、貴重な経験となることが多いです。

しかし、逆に3000円台位までのコスパの高いピノ・ノワールを選ぶには、好みの有無だけでなく、いわゆるハズレなワインに出会うこともあります。そのため、お値打ちな価格帯ほど、美味しいワインを選ぶには、実際にワインを飲むという経験を重ねて探していくしかありません。

そこで、まだまだ探究中ではありますが、いろんなピノを飲んきているという私の経験が多少なりとも参考となると思います。

この記事では1000円台(未満を含む)、2000円台、3000円台の価格帯にフォーカスして、また、一部地域を限定して、各カテゴリーで5本ずつおすすめのピノノワールをご紹介しています。

ピノノワール好きにおすすめワイン 1000円台から5選(仏)

カデ・ドック・ピノノワール2016 バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド

⇒記事はこちら

フランス、ラングドック。スパイスとベリー系の赤い果実のピノらしい香り。口に含むと、フレッシュでジューシーなイチゴ、ラズベリーなどの赤い果実、ハーブやスパイスの味わい。それ程酸味は強くなく、程良い感じです。甘味もあまり感じません。余韻も楽しめます。赤い果実を頬張ってジュワッとした感じがします。暑い時も爽やかに楽しめるワイン。1200円でこの品質のピノ・ノワールが飲めます。ヴィンテージ違いも含め、何度もリピートしています。

レ・ゼキサゴナル・ピノ・ノワール2014 ジャン・フランソワ・メリオー

⇒記事はこちら

フランス、ロワール。1000円台半ばで買える美味しいピノです。チェリーやストロベリーなどの赤系果実、華やかな花、ハーブの香り。口に含むと、フレッシュなベリー系の果実の酸味を伴う果実味豊かな印象。加えてスパイスの味わい。生き生きとした酸味があり、赤い果実のチャーミングな味わいのピノ・ノワールです。この手の酸味がはっきりしたピノ・ノワ―ルが好きな方には非常におすすめです。

ピノノワール・ヴィエイユ・ヴィーニュ イル・ド・ボーテ2018 ラウル・クレルジェ

⇒記事はこちら

フランス、コルス(コルシカ)。フレッシュなクランベリー、フランポーズ、熟したブルーベリー、アプリコット、カシスなどの赤系・黒系果実や、スパイスなど複雑で多様な香り。酸味とボディのしっかりさを想像させる香り。口に含むと、フレッシュな赤系・黒系果実がたっぷり入った美味しさや、スパイシーさを感じる。果実の凝縮感や旨味がたっぷりとあり、飲みごたえはしっかりしている。しっかりとした酸味があり、タンニンの渋味もある。渋味とタンニンの豊富さが少しだけ気になるものの、逆に、この飲みごたえを生みだしている。

ブルゴーニュ・ピノノワール2017 クロズリー・デ・アリズィエ

⇒記事はこちら

フランス、ブルゴーニュ。1800円位。薔薇の花、清涼感のあるスパイスの香り。スワリングすると、フレッシュなチェリー、プラム、フランボワーズなどの赤系果実の香り。涼しげで、空気が澄んだような場所、例えば林の中を歩くような爽やかな風をイメージする。また、同時に、フレッシュで酸味がありそうな赤い果実を想像する香り。口に含むと、甘酢っぱいフレッシュな赤系果実の味わい。甘味は新鮮な果実の甘さで、ナチュラルで上品。果実味は豊富でしっかりとした飲みごたえがある。また味わいは単純でなく、複雑さもあり、奥行きを感じるブルゴーニュらしい陰性のワイン。

ブルゴーニュ・ピノ・ノワール2016 ラ・カンパニー・ド・ブルゴンディ

⇒記事はこちら

フランス、ブルゴーニュ。酸味と甘味伴いそうなフレッシュなチェリー、フランボワーズなどの赤い果実、スパイスの香り。抜栓直後、しっかりとした渋味や酸味を感じる。少しフランボワーズのような甘酸っぱさ。ストロベリーのような甘味。時間と共に、渋味はすぐにトーンダウンし、控えめになる。ベリー系の赤系の果実味は豊富でジューシー。

ピノノワール好きにおすすめワイン 1000円台から5選(仏以外)

クロスター・ピノノワール・ファルツ2017 クロスタ―醸造所

⇒記事はこちら

ドイツ、ファルツ。熟したフランボワーズ、花やスパイスなどの、柔らかい赤色を連想する甘~い香り。フレッシュなレッドチェリーなどの赤い果実の香りも加わり、アクセントになっている。そして、爽やかなハーブの香りと、野性味を感じる野ばらの香り。口に含むと、フレッシュな赤いベリーを中心とした果実、少しスパイスを感じる。高い透明感を感じて、さっぱりした味わい。酸味がそれなりにあり、甘味はほんのり。甘いピノではなく、さっぱり系のピノではありますが、ドライ過ぎず、若干の甘味も伴っていて飲み易く、このバランスも非常に良いと思います。

ピノ・ノワール2018 ジャンニ・テッサーリ

⇒記事はこちら

イタリア、ヴェネト州。抜栓すると、少し熟したチェリーなどの赤い果実と、フレッシュさも感じるチャーミングさを持ち、赤いベリー系果実も合わせて感じる。そして、爽やかなハーブやスパイス、オレンジやダージリンティのニュアンス。さらに、時間の経過と共に、ストロベリー、薔薇の花の香りがする。香水のような香り高さと華やかさが現れてくる。味わいは、少しの甘味を伴う赤いベリー系果実が非常に美味しい。

サイクル・ピノノワール2016 ミンコフ・ブラザーズ

⇒記事はこちら

ブルガリア。ピュアで華やかな赤系果実と花の柔らかい香りがします。透き通るようなピュアな赤系果実、スパイス、樽による程良い複雑な味わいがあります。酸味も甘みも控えめで上品な味わいです。抜栓24時間後には、やさしい香水やお香のような香りがして、さらに楽しめました。

たかやしろピノ・ノワール2015 たかやしろファーム

⇒記事はこちら

日本、長野県。子供時代に食べたザクロや、田舎ではよく見かけた野イチゴのような赤系果実を思い浮かべる香り。口に含むと、透明感のある赤系果実の風味、草木とやや苦みのあるハーブの味わいで、若干の酸味を感じ、透明感があり、繊細なワインです。酸味もそれ程強くなく、味わいは透明感があり、繊細ですので、すうーっと飲んで楽しめるワインです。

たかやしろピノ・ノワール たかやしろファーム

created by Rinker

モンテス・リミテッド・セレクション・ピノ・ノワール2016 モンテスS.A.

⇒記事はこちら

チリ。少し熟した赤系果実の華やかさのある香り、薔薇の花、ハーブ、スパイスなどエレガントな香りがします。口に含むと、赤系果実と黒系果実の両方が入ったような多様な果実の旨味があり、非常にジュ―シーでベリーなどの果実を感じる味わいです。少し酸味があり、果実のジュ―シーを綺麗にまとめながら、芳しい香りとともにフィニッシュに至ります。

ピノノワール好きにおすすめワイン 2000円台から5選(ブルゴーニュ)

ブルゴーニュ・ピノ・ノワール2014 ギイ・アミオ・エ・フィス

⇒記事はこちら

フランス、ブルゴーニュ。赤系果実の甘酸っぱい香りに加えて、シトラスやハーブなどの香り。味わいは、赤系果実の華やかさがあり、上品な甘みを、しっかりとした酸味が整えている。全体ではバランス良く美味しくまとまっている。独特な甘酸っぱさのある香りがあり、表現しきれないのですが、それ点も楽しめます。味わいも華やかな赤い果実をしっかりと感じることができる美味しいワインです。ACブルゴーニュとしては好みなタイプのワインです。

ブルゴーニュ・ルージュ・キュヴェ・ヌメロ・アン2014 ドミニク・ローラン

⇒記事はこちら

フランス、ブルゴーニュ。フランボワーズなどの赤系果実、スパイスや花の香り。口に含むと、フレッシュなクランベリー、チェリーなどの赤系果実の味わいと、プルーンやスパイスの味わい。ジューシーな果実が口の中に溢れます。酸味はやや強め、僅かに甘みがあり、全体ではバランスは良い。

ブルゴーニュ・ピノ・ノワール2015 バロンダヴラン

⇒記事はこちら

フランス、ブルゴーニュ。ラズベリーやチェリーなどフレッシュで甘酸っぱい赤系果実、そして花やスパイスの香り。口に含むと、弾けそうなフレッシュな赤系果実、抜栓直後はスモーキーさやナッツも感じます。イメージとしては上品な甘味を持つジューシーな赤い果実を口に含んで、口中で果実が弾けて味わいが溢れるような感じでしょうか。余韻も長く、果実の旨味の後にハーブを感じて、たっぷりの満足感を味わえます。最後は鼻腔に花と甘い果実の香りが長らく残ります。

ブルゴーニュ・ルージュ・キュヴェ・サン・ヴァンサン2016 ヴァンサン・ジラルダン

⇒記事はこちら

フランス、ブルゴーニュ。フレッシュな、チェリー、クランベリー、フランボワーズの赤い果実、スミレの花、ハーブなど若々しく華やかな香り。口に含むと、フレッシュな酸味のあるクランベリーやチェリーなどのベリー系を中心とした赤系果実のピュアな味わい。タンニンは繊細であまり感じない。甘さはほとんど無く酸味が引き締めて、フレッシュでジューシーな、味にキレのある感じです。フレッシュな赤い果実を口に含むようなニュアンスです。

ブルゴーニュ ピノ・ノワール・キュベ・プレスティージュ2017 ドメーヌ・デ・マレショード

⇒記事はこちら

フランス、ブルゴーニュ。ラズベリーやグランベリーなどのチャーミングな赤系果実の香り。口に含むと、少し熟したラズベリーやイチゴなどの赤い果実の豊富な果実味がある。控えめな酸味で、上品な甘みを伴うジューシーな赤い果汁を飲んでいるようで非常に美味しいです。香りも楽しめますが、味わいが上品で旨味があり、たっぷりの果汁を飲んでいるようです。酸味は強くなく程よいので、果汁の旨味を引き立てていると思います。

ピノノワール好きにおすすめワイン 2000円台から5選(ブルゴーニュ以外)

ペイ・ドック・ピノ・ノワール2016 ルーデュモン

⇒記事はこちら

フランス、ラングドック。私の好きなブルゴーニュのルーデュモンがラングドックのピノノワールで造るワインを2000円程で味わえる。チェリーやストロベリーなどの甘酸っぱい赤系果実とスパイシーな香りがしてきます。フレッシュな赤系果実がぎゅっと詰まった旨味が非常に美味しいです。

ゴイチ・ピノ・ノワール2015   五一・ワイン・エステート(株式会社林農園)

⇒記事はこちら

日本、長野県。透き通るような極めて高い透明度のルビーレッド。チェリーなどの酸味のある赤系果実、スパイスやバーブの香り。ジューシーで、弾けそうなプラムやチェリーなどの赤系果実のピュアな味わいに、樽由来と思われる風味が複雑さを出している。飲みごたえがあり、非常に美味しいワインです。

ローガン・ピノ・ノワール2015 ローガン・ワインズ

⇒記事はこちら

オーストラリア。エレガントな花束の香り、フレッシュでやや甘い赤系果実、森やスパイスの香り。口に含むと、酸味は控えめなピュアで瑞々しいフラボワーズ、チェリーなど赤系果実、ハーブやスパイスの複雑さ。舌触りも上品で良い。香りはバラなどの花や赤い果実も含むエレガントで非常に魅惑的な香りです。味わいもジューシーな赤系果実の美味しさがたっぷりです。

マールボロ・ピノ・ノワール2016 ゴールドウォーター

⇒記事はこちら

ニュージーランド、マールボロ。たっぷりの白い花束、清潔感のあるスパイス、白胡椒、爽やかに鼻腔を抜けていく。スワリングしていくと、フレッシュなレッドチェリーやフランボワーズなどの赤系果実、酸味を伴うさっぱりした香りに変化していきます。その後ハーブ、だんだんと開いてきて、さらに若々しい赤系果実のニュアンスに変わります。非常に良い香り。その後、赤系果実と白い花、清涼感のあるスパイスの香り。さらに開くとフランボワーズの華やかな香りが、また現れます。口に含むと、フレッシュなチェリー、少しフランボワーズなどの赤系果実、鉛筆の芯?、スパイスとハーブなどの味わい。果実味がしっかりとあり、フレッシュでジューシーな赤い果実を頬張るような印象です。酸味もあり、爽やかな飲み口です。

ヴィレッジ・ピノノワール2017 ポールクルーバー

⇒記事はこちら

南アフリカ。抜栓すると、バラなどの花の芳しい香りがする。そして、スパイス、フレッシュ・チェリー、少し熟したフランボワーズ、ハーブなどの華やかさのある香りがする。抜栓直後から、非常に芳しく、素晴らしい香り。この香りにはハマります!そして、口に含むと、酸味と上品な果実の微かな甘みが、いいバランスをとっています。非常にジューシーな赤系果実の味わい。果実味が非常に豊富で、美味しい!このワインを飲むと、新鮮な赤い果実を頬張るかのような感覚に襲われます。やや酸味は強めですが、上品な微かな甘味が酸っぱさを調和しています。抜栓直後でも非常に美味しい。そして、スワリングして開かせていくと、まるでACブルゴーニュのような美味しさ。非常に美味しい。香りも薔薇っぽさがさらにアップし、非常にエレガントです。

ピノノワール好きにおすすめワイン 3000円台から5選(ブルゴーニュ)

ブルゴーニュ・ピノ・ノワール2014 ルー・デュモン

⇒記事はこちら

フランス、ブルゴーニュ。フレッシュでジューシーな、そして、甘酸っぱい赤い果実を思い浮かべる香り。そして、ハーブ、白胡椒などスパイス、さらに、開いてくるとチェリー、フランボワーズの甘酸っぱい果実の香りもしてきます。

口に含むと、程よい酸味、熟した甘味のある赤い果実、スパイスの味わいがある。少しの甘味もあり、魅力的な甘酸っぱいさがある。よく味わうと、タンニンの渋味少しだけ感じる。さらに開くと、ジューシーな赤い果実を頬張ったような瑞々しさがあり、口の中でジュワッとする感じは健在。

ブルゴーニュ・ピノ・ノワール2013 オリヴィエ・ルフレーヴ

⇒記事はこちら

フランス、ブルゴーニュ。クランベリーやフランボワーズなどのベリー系の赤系果実の華やかな香り。口に含むと、フレッシュでジューシーなベリー系の赤い果実、スパイスなどの複雑味がある。透明感があり、タンニンはあまり感じず、スムーズな舌触り。

ブルゴーニュ・ピノ・ノワール2015 パトリス・リオン

⇒記事はこちら

フランス、ブルゴーニュ。やや甘酸っぱいラズベリー、グランベリーなどの赤系果実、そしてスパイスが加わる。ずっと嗅いでいたくなる芳しい香り。口に含んだ瞬間、赤い果実の旨味をしっかりと感じます。同時に透き通るようなピュアな果実の味わいと、スパイスを感じます。酸味はそれ程強くなく、タンニンは豊富な印象を受けます。全体としてはやはり透明感があるワインという印象になります。

ブルゴーニュ・ピノノワール パトリス・リオン

created by Rinker

ブルゴーニュ・ピノ・ノワール2013 マトロ

⇒記事はこちら

フランス、ブルゴーニュ。鮮やかなルビーレッドの色合い。バラの花、ラズベリーやイチゴなどの赤系果実の香りが、スパイスとともに感じることができます。非常に芳しく口に含む前に、グラスをスワリングして香りを楽しむことを止められません。そして、口に含むと、瑞々しいフレッシュで、控えめな酸味と甘味があるチェリーやイチゴ、そして熟したラズベリーなどの赤い果実を頬張り、口の中で弾けてジューシーな果汁が溢れるような印象です。酸味は控えめで、少しの甘味と果実の旨味を感じることができます。

モンテリー・ルージュ・キュヴェ・ポール2014 ポール・ガローデ

⇒記事はこちら

フランス、ブルゴーニュ、モンテリー。熟した甘い赤い果実の香り。フランボワーズ、プラム、ハーブ、スパイスの香り。華やかさと、上品な甘やかさ、そして甘酸っぱさを想像させる香り。

口に含むと、フレッシュな赤系果実が第1印象にきて、程良い酸味を伴うレッドチェリー、フランボワーズ、赤スグリなどの赤系果実、そして、ハーブやスパイスの味わいも感じます。タンニンは豊富で少し渋味も感じる。

全体としては、酸味があるので、フレッシュな赤系果実をイメージします。同時に、少し熟したフランボワーズのような甘やかさも感じます。

ピノノワール好きにおすすめワイン 3000円台から5選(ブルゴーニュ以外)

ベッカー・シュペートブルグンダー2014 フリードリッヒ・ベッカー

⇒記事はこちら

ドイツ、ファルツ。抜栓直後のボトルから華やかな赤い果実の香りが漂う。酸味を想像させるフレッシュ感のある香りと、甘ーい赤系果実の香り。香りのイメージはレッドチェリー、フランボワーズとストロベリー、白い花、スパイス、少しミントなどの清涼感のあるハーブの香り。甘酸っぱさ、華やかさ、そして、爽やかさを順に連想させる。口に含むと、フレッシュな赤系果実の爽やかな酸味と、熟した赤系果実の上品で微かな甘味を感じる。芳醇な果実味。フレッシュ感からくる軽めの飲み心地と、果実味豊富なふくよさかさのバランスが非常によく、余韻では甘いベリー系の赤い果実の香りがエレガントにフィニッシュに導いてくれます。

レッドエンジェル2014 イエルマン

⇒記事はこちら

イタリア、フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州。抜栓直後から、フレッシュなクランベリーやレッドチェリーなどの赤系果実や、バラなどの花の芳しい香りが広がる。口に含むと、しっかりした酸味という予想に反し、酸味は控えめで柔らかい。そして、ボディは繊細で、透明感のあるイメージを受ける。しかし、同時に豊富な果実味やミネラル感がある。ジューシーで少し熟した赤系果実の繊細な味わい、ハーブやスパイスも感じ、複雑性もある。

バルダ2017 ボデガ・チャクラ

⇒記事はこちら

アルゼンチン。少し熟したチェリー、フランボワーズなどの赤系果実、薔薇の花、ハーブ、スパイスなどの香り。口に含むと、赤系果実、黒系果実、スパイスなどの味わい。タンニンはそれなりにあるが、あまり気にならない。果実味は豊富で非常にジューシーです。繊細なというよりは、骨太まで行きませんが、しっかりとしたボディをしています。余韻は長く、素晴らしい香りと、豊富な果実味を感じながら、複雑さの中でフィニッシュを迎えます。

モントレー・ピノ・ノワール2016 ラ・クレマ

⇒記事はこちら

アメリカ、カリフォルニア州、セントラル・コースト、モントレー。ストロベリーなど赤系果実の甘い香り、そしてハーブなどが加わり複雑さを感じる。アメリカらしい陽気なワインかと思いきや、ブルゴーニュのような少し陰性の雰囲気を持つ。レッドチェリーなどの赤系果実、スパイス、ハーブなど複雑味も味わえる美味しさ。樽の風味が出ているかもしれません。

ソノマ・コースト・ピノ・ノワール2016 ラ・クレマ

⇒記事はこちら

アメリカ、カリフォルニア州、ソノマ・コースト。やや熟したチェリーなどの赤系果実、花、ハーブ、白胡椒などのスパイス。口に含むと、ややフレッシュな赤い果実、ザクロの少し独特な風味、白胡椒などのスパイス、スモークのようなニュアンス。酸味があり、甘味は感じない。さらに、スワリングをして開かせていくと、上品な熟した赤い果実の甘みが出てきて飲みやすくなる。そして、チェリーやフランボワーズなどの赤系果実の芳しい香りがしてくる。2日目も全くへたらず、前日と同じクオリティ。酸味が昨日より少し強めに感じるため、赤スグリなどの赤系果実の酸味の味わいと香りに溢れている。

ABOUT ME
ワインの探究者ヴァンさん
★週末だけでもいいので、ちょっと美味しいワインを飲みたい!というタイプです。★必然的に家飲みが多めですが、ソムリエ・ソムリエールがサーブするワインバーも大好きです。 ★直近2年程で500種類を飲み、ワインセラーのストックは300本超に。 ★好きなコミック:『神の雫』

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です