ブルゴーニュ(赤)

約2000円おすすめブルゴーニュ・ピノbyジョセフ・ドルーアン

今回のワインはTAMAYA WINE STORE(タマヤワインストア)のグランドオープンで30%割引で購入できる機会があったので、吸い込まれるようにブルゴーニュ・ルージュ5本をまとめ買いした内の1本です。

お値打ちブルゴーニュ・ルージュばかりを選び、合計約17,100円のところ、約12,500円で購入。1本平均約3500円が約2500円に!

凄く得した気分で、さっそく1本目を抜栓しました。

今回のワインはジョセフ・ドルーアンのブルゴーニュ・ピノノワールです。

そんなワインの感想です。

 

約2000円おすすめブルゴーニュ・ピノノワール2020byジョセフ・ドルーアン

約2000円おすすめブルゴーニュ・ピノワール(byジョセフ・ドルーアン)の情報は購入先のTAMAYA WINE STORE(タマヤワインストア)から抜粋・引用しています。

ぶどうは主にコート・ド・ボーヌから全て手摘みされ、選別されます。破砕・除梗されたぶどうは、木桶又はステンレスタンクで発酵、樽とステンレスタンクで熟成させることによりワインは複雑さを持ちながらも果実味を保ちます。

心地よいさくらんぼのような酸味、そしてフレッシュな果実味とやわらかなタンニンのある、バランスに優れたエレガントなワイン。

詳しくはこちら(TAMAYA WINE STORE(タマヤワインストア)のページ)

 

約2000円おすすめブルゴーニュ・ピノの生産者:メゾン・ジョゼフ・ドルーアン

約2000円おすすめブルゴーニュ・ピノの生産者、メゾン・ジョゼフ・ドルーアンの情報は輸入元の三国ワインからら抜粋・引用しています。

詳しくはこちら(三国ワインのページ)

1880年にブルゴーニュワインの中心地ボーヌに創立され、140年以上もの間、家族経営にこだわり、頑なに創業当時から受け継がれるテロワールへの信念を守りつづけるブルゴーニュを代表するワイナリーです。

テロワールへの最大の敬意と、ぶどう樹に対する愛着、そして彼らの経験と絶え間ない研究開発により、偉大なぶどう畑が、その本来の力量を発揮します。

1976年より除草剤などの化学薬品は一切使用せず、1988年には本格的な有機栽培へ転換。 シャブリ地区での有機栽培の実施は、大手ドメーヌで初となる改革です。 また、1997年より切り替えをはじめているビオディナミ農法は、10年の歳月をかけ、2007年、全自社畑への導入が実現されています。
畑は、伝統的な鋤すきを使って耕され、肥料も天然の堆肥を使用しています。 ぶどうの様々な病害や害虫などの対策には、天敵である捕食動物やバクテリアを使います。

続く

 

約2000円おすすめブルゴーニュ・ピノbyジョセフ・ドルーアンの感想

紫色がかった濃厚なワインレッド。透明感はあり、中央も透き通る。しかし、よく見ればルビー色ですが、一瞬、ボルドーのような赤紫色に感じた。

抜栓45分後からスタート

熟したチェリーやフロンボワーズのような赤い果実、爽やかなスパイス、生肉などの香り。

スワリングすると、ドライフルーツ、フレッシュなフランボワーズなどの赤系果実、爽やかなスパイス、木苺、タバコ、熟した赤い果実などの香り。

スワリングすると、非常に楽しく、様々な香がしてくる。フレッシュな赤い果実やドライフルーツの甘やかな香り、清涼感のある香りや、熟した甘酸っぱい果実の印象の香りなど。

口に含むと、甘やかさ、少し酸味があり、タンニンは少ししが感じず、余韻にかけて渋味を少し感じる。

やや熟したストロベリーなどの赤い肉厚感のある果実、煮詰めた果実、プラム、少しスモークや生肉、スパイスなどの味わい。

様々な状態の赤い果実、例えば、やや熟した状態、煮詰めた状態、ややフレッシュな状態などが、一つに混ざり合っている印象です。肉厚な果実の非常にフルーティな美味しさを楽しめるワインです。

ボリューム感のあるボディで、煮詰めたフルーツをぎゅっと押し込んだような印象でもあります。しかし、赤い果実ですので、重いわけではありません。

口の中で煮詰めた果実がジューシー変わり、口内に広がるようにフルーティさを感じます。熱量の多い、暖かい地域で栽培された果肉を頬ばんでいるようでもあります。

抜栓3時間後、抜栓直後と殆ど変わらない。少し垢抜けたようにも感じますが、全体的には変化なしです。凝縮感があり、ボディがしっかりしているためかもしれません。

抜栓2日目、抜栓初日以上に香りのボリューム感がある。バラなどの赤い花、ややフレッシュな赤い果実、プラム、爽やかなスパイスなどの香り。

抜栓初日よりもピュアさが増し、ピュアな果実感が現れたように感じます。

口に含むと、しっかりとした酸味、渋味はほぼ感じない。僅かに甘やかさを感じる。

フレッシュなチェリーやストロベリーなどの赤系果実、プラム、木苺、少し熟した赤い果実、清涼感のあるスパイスなどの味わい。

香り同様、味わいも抜栓初日よりも雑味がなくなり、よりピュアな赤い果実感が現れている印象です。

そのため、抜栓2日目の方がより洗練度が高く美味しく感じます。逆に、抜栓初日の方がより複雑な味わいに感じます。

2日目は初日の複雑さが、フルーティさに上書きされた印象です。

抜栓初日は美味しく複雑さの部分も楽しめて面白いのですが、より洗練された状態で飲みたい方は、抜栓2日目のためにボトルの半分位は取っておくのが、おすすめです。

この調子だと、抜栓3日目は何らかの興味深い変化をしそうな予感です。抜栓3日目のために、一杯だけ残そうかと思いましたが、美味しくて止まらず、2日目でフィニッシュしてしまいました。

ジョゼフ・ドルーアンのおすすめブルゴーニュ・ピノノワールは約2000円~ですが、これだけ楽しめれれば、コスパは非常に高く、おすすめです!

ピノノワールおすすめワイン コスパの高い厳選5本を価格別に紹介ほぼ1000円、1000円台、2000円台の3つの価格帯で産地別に厳選した各5本のピノノワールのおすすめワインを紹介しています。長い時間の中で、数多く飲んできた美味しいワインの中から厳選しています。...
おすすめワイン厳選3本 ほぼ1000円で買えるピノノワール ほぼ1000円で買えるピノノワールから、おすすめワインを厳選して3本ご紹介しています。いずれもピュアな赤い果実の透明感のあるジューシーなピノノワールです。ヴィンテージを越えて、ダース越えのリピート率を誇るお気に入りのワインから厳選して3本をご紹介しています。...

 

約2000円おすすめブルゴーニュ・ピノbyジョセフ・ドルーアンに合わせた料理

・パテ・ド・カンパーニュ キャロットラぺ付き:ビストロ フィル

抜栓初日のジョゼフ・ドルーアンのおすすめブルゴーニュ・ピノノワールと合わせると、濃厚なパテは少しさっぱりとします。

抜栓初日のワインは果実の肉厚で煮詰めた感がありますが、ワインが少し軽くなり、よりジューシーでフルーティな印象に変わります。

ワインも料理も少しずつさっぱりする印象です。これはこれで美味しい! 個人的にはワインも料理もペアリングした方が好みでした。

濃厚好きの方は交互に飲み・食べして、少し軽やかな方が好きな方は、同時に口に含むのを意識して楽しむのも面白いと思います。

約2000円~は価格からも、おすすめのブルゴーニュ・ピノノワールです。

・ビストロ フィル(bistro fil)

「気軽に入れるアットホームな雰囲気で、隠れ家的フレンチビストロです。ミスジを使ったステーキや素材の美味しさを存分に引き出したスープなど、厳選食材そのものの味を引き立てる料理が揃っています。ぜひ一度御来店ください。」(公式ページより)

公式URL http://bistrofil.com/
住所 大阪府大阪市中央区北浜東2-13 幸ビル B1F
アクセス 大阪メトロ・谷町線・天満橋駅、徒歩3分。
グルメサイト 食べログ:こちら

 

 

ミートデリNicklaus‘ 

 

約2000円おすすめブルゴーニュ・ピノbyジョセフ・ドルーアンの基礎情報

・ワイン名:ブルゴーニュ・ピノノワール2020

・生産者:メゾン・ジョセフ・ドルーアン

・生産地:フランス>ブルゴーニュ>主にコート・ド・ボーヌ

・葡萄品種:ピノノワール

・原産地呼称等:AC.ブルゴーニュ

・栽培・醸造法等:手摘み、選別。破砕・除梗。木桶又はステンレスタンクで発酵を、醸しを含めて16日間。25から35%を樽で、残りをステンレスタンクで熟成。

・インポーター:三国ワイン株式会社(公式ページはこちら

・参考価格(ネットショップ):1900円台~

 

・購入先:TAMAYA WINE STORE



 TAMAYA WINE STORE(タマヤワインストア)のグランドオープンのキャンペーンで30%割引、1900円台で購入。

★ブログランキングに参加中です。よろしければクリックをお願いします!励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ABOUT ME
ワインの探究者ヴァンさん
◆実際に飲んだワイン、及び、料理とのペアリングを紹介。 ◆各ワインの情報を掲載:テイスティングコメント、ワイン名、生産者、生産地、ブドウ品種、栽培・醸造法、原産地呼称、輸入元、購入先、参考価格、合わせた料理など ◆ワインイベントやワインが美味しいお店などのレポートなども掲載 ◆Twitter:日々のワインライフをtweet ◆instagram:ワイン、及び、料理とのペアリングをポストワインセラーのストックは約400本。