アコンカグア(赤)

チリワインのモンテス、リミテッド・セレクション・ピノノワール

チリワインのモンテス、リミテッド・セレクション・ピノ・ノワールについて

モンテス・リミテッド・セレクション・ピノ・ノワール2016について

チリワインの中でも、安定のクオリティで、かつ、価格が控えめなモンテスです。モンテスはいろんなワインを今までいただいていますが、いずれも安定したクオリティを感じます。

ピノ・ノワールにおいては、今回のリミテッドとアルファ・シリーズを過去に飲んでいます。ちなみにリミテッド・シリーズは2015と2016を3本ずつ、合計6本飲んでいます。

私の場合、割引等で1000円台後半で購入できたというのが、リピート率を上昇させています。

なお、アルファはそこまでリピートしていない理由は、リミテッドから飲み始め、リミテッドをリピートし、その後、アルファを飲みました。そして、アルファを飲んだ頃に、さらに世界中のニューワールドにピノ・ノワールを探し求める旅に出てしまったため、チリになかなか戻って来れていないためです。

アルファとリミテッドは個性は少し違うものの、クオリティは同水準だと思います。

このリミテッド・シリーズは、アルファ・シリーズのワンランク上にあたり、生産量も少ないワインです。しかし、お値段はアルファと基本的に同じ価格帯で、2000円程度と控えめですので、おすすめのワインと思います。

チリの生産者モンテスS.A.について

生産者の情報はエノテカオンラインから抜粋・要約しています。

モンテスS.A.について

詳しくはこちら(エノテカオンラインへのリンク)

icon
icon 醸造家のアウレリオ・モンテス氏を中心に、ワイン・ビジネスのスペシャリストたち4人が、各人の持つ技術と経験を結集して「世界最高峰のチリワインを造る」という信念のもと1988年に設立。

他のワイン生産者に先駆けた革新的な取り組みが高く評価され、モンテス氏は2015年にはアメリカのワイン誌『ワインエンスージアスト』誌が選ぶ「イノベーター・オブ・ザ・イヤー」を受賞。また同じく2015年にアンジェロ・ガヤやミゲル・トーレスといったワイン界の巨匠達が過去に受賞したドイツのグルメ&ワイン専門誌『ファインシュメッカー』の「ライフタイムアチーブメント」をチリ人として初めて受賞しました。

今やモンテスのワインはエアラインのファーストクラス、ヨーロッパ各国の一流レストラン、ダニエル(ニューヨーク)やカールトン・ホテル(スイス)といった、世界中の一流レストラン・ホテルにオンリストされています。

また、ワイン評論家、ロバート・パーカー氏をもって“チリワインが到達できる最も高いレベルに位置している” eRobertParker.com #199 Feb 2012
“エントリーレベルのワインは驚くほど良心的な価格で初心者向けのチリワインとして完璧であると同時に、プレミアムワインは長期熟成に値するクオリティを誇る。”
eRobertParker.com #204 Dec 2012
と言わしめるほど。

また、 アメリカのオバマ大統領がチリ訪問時にモンテスの「パープル・エンジェル」で乾杯、安倍首相がチリ訪問時にモンテスの「アルファ・シャルドネ」が大統領主催の午餐会で出されたなどのエピソードもある。

モンテス・リミテッド・セレクション・ピノノワール ワインの感想

少し熟した赤系果実の華やかさのある香り、薔薇の花、ハーブ、スパイスなどエレガントな香りがします。

口に含むと、赤系果実と黒系果実の両方が入ったような多様な果実の旨味があり、非常にジュ―シーでベリーなどの果実を感じる味わいです。

少し酸味があり、果実のジュ―シーを綺麗にまとめながら、芳しい香りとともにフィニッシュに至ります。

チリのピノ・ノワールは、1000円前半位のコノスルのオーガニックをかなり前に飲んで以来でした。この時のコノスルは甘味を伴うストロベリーの雰囲気で美味しかった記憶があります。

そして、今回のモンテスのピノ・ノワールの品質は、2000円前後と価格も相応に上がるのですが、非常に高く、そして、美味しくて、直ぐにリピートしました。

ブルゴーニュとはもちろん異なる味わいですが、ACブルゴーニュの価格帯を考えると、自宅で気軽に飲むにはモンテスのピノ・ノワールは非常に魅力的でした。

まだ飲まれていない方は、ぜひ1度試していただいて欲しいニューワールドのおすすめピノ・ノワールです。

なお、2015ヴィンテージも飲んでいますが、2016ヴィンテージよりは少し甘味があり、そして、ニューワールドの、またはチリの粗削りな印象をわずかに受けました。それでも2015ヴィンテージはリピートして3本飲んでいます。

個人的に2016ヴィンテージの方が華やかでピュアな果実味を楽しめると思います。

ちなみに、ワイン・アドヴォケイト誌のヴィンテージ・チャートでは2016ヴィンテージのチリは93点と非常に評価の高い年でもあります。

そろそろ2017ヴィンテージに入れ替わりつつありますので、2016ヴィンテージも在庫が減ってきていると思いますので、ヴィンテージが気になる場合は、早めの確保がおすすめです。

モンテス・リミテッド・セレクション・ピノノワール ワインの基礎情報

・生産地:チリ>アコンカグア

・葡萄品種:ピノ・ノワール

・参考価格:2000円前後

・購入先:エノテカ

・ショップへのリンク:

チリワインなどニューワールドのピノ・ノワール関連のおすすめ記事

今回のワインに近い1500円前後から2000円前後のニューワールドのピノ・ノワールです。この2銘柄も普段楽しむにはぴったりの価格帯と美味しさです。おすすめのワインです。

たかやしろピノ・ノワール2015 たかやしろファーム(赤) 1500円前後

たかやしろピノノワール 日本ワインを1000円台で楽しむ長野県の千曲川バレーのたかやしろファームが造る「たかやしろピノ・ノワール2015」。1000円台。子供時代に食べたザクロや、田舎ではよく見かけた野イチゴを思い浮かべる赤系果実の香り。透明感のある赤系果実の風味や草木など繊細なピノノワールです。...

ポストカード・シリーズ・ エルギン・ ピノノワール2016 スターク・コンデ・ワインズ(赤) 2000円前後

南アフリカのピノノワールは5時間かけて変化を楽しめるワイン!南アフリカのスターク・コンデ・ワインズが造るポストカード・シリーズ・ エルギン・ ピノ・ノワール2016。抜栓直後はブルゴーニュ?と感じる香り、味わいも直ぐ美味しく、時間と共にどんどん変化し、5時間後でもヘタることなく美味しくフィニッシュするワインでした!...

チリワインなどニューワールドのピノ・ノワール関連のおすすめワイン

子供時代に食べたザクロや、田舎ではよく見かけた野イチゴのような赤系果実を思い浮かべる香り。

口に含むと、透明感のある赤系果実の風味、草木とやや苦みのあるハーブの味わいで、若干の酸味を感じ、透明感があり、繊細なワインです。

酸味もそれ程強くなく、味わいは透明感があり、繊細ですので、すうーっと飲んで楽しめるワインです。

ポストカード・シリーズ エルギン ピノ・ノワール  スターク・コンデ・ワインズ

created by Rinker
スターク・コンデ ワインズ【Stark-Conde Wines】

★ブログランキングに参加中です。よろしければクリックをお願いします!励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ABOUT ME
ワインの探究者ヴァンさん
★週末だけでもいいので、ちょっと美味しいワインを飲みたい!というタイプです。★必然的に家飲みが多めですが、ソムリエ・ソムリエールがサーブするワインバーも大好きです。 ★直近2年程で500種類を飲み、ワインセラーのストックは300本超に。 ★好きなコミック:『神の雫』

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です