エノテカオンラインのおすすめ活用方法のポイントを解説

画像は記事へのリンクです。
 

 

カタルーニャ州(赤)

ジャン・レオンのメルロプティヴェルド おすすめスペインワイン

ジャン・レオンのメルロプティヴェルド おすすめスペインワインついて

ジャン・レオンの3055 メルロ・プティ・ヴェルド2014について

ジャン・レオンは以前参加したトーレスの生産者来日イベント(下記写真)で8000円位するカベルネ・ソーヴィニヨン100%をいただきました。それが非常に美味しくて、それ以来ファンになっています。

今回はお値打ちな2000円台のメルロー、プティ・ヴェルドです。これらの原料となるブドウはカタルーニャ州政府のオーガニック認証を受けています。有機農法で自社畑で大切に育てた、しかも少量生産です。そして、ブドウを手摘みで収穫し、熟成させたワインです。

ジャン・レオンは現在はトーレス・ファイミリーの一員で、非常に美味しいワインを造っています。以前ブログではロゼワイン(本ブログの他の記事へのリンク)をご紹介していますが、こちらも美味しいワインでした。

今回はまだ手が出やすい価格帯ですので、美味しければリピートしていきたいと思います。

スペインのおすすめ生産者のジャン・レオンについて

生産者「ジャン・レオン」について、購入先のエノテカのページから抜粋・引用しています。要約するのがもったいないほどドラマチックで面白い内容でしたので、記事の下方に「生産者について」を設けて、掲載させていただいています。

エノテカオンライン「ジャン・レオンのページもご参照ください。

iconicon

ジャン・レオンのメルロプティヴェルド おすすめスペインワインの感想

熟した赤系果実、花の香り、スパイス、土や腐葉土など奥深い香り。

口に含むと、果実味が豊富で、スペインらしい濃厚さとフレッシュさが同居している。熟したチェリーや黒系果実、スパイスの味わい。

甘味のあるタンニンはメルローらしい印象を受けます。液体には滑らかさがあり、柔らかく口の中を流れていきます。余韻も長く、品のある甘味とスパイシーさが残ります。

非常に美味しいメルローだと思います。価格面からもリピート対象です。スペインでメルローを造るお手本になりそうな美味しいおすすめワインです。

ジャン・レオンのメルロプティヴェルド おすすめスペインワインの基礎情報

・生産地:スペイン>カタルーニャ州

・葡萄品種:メルロー、プティヴェルド

・参考価格:2700円位

・栽培法:オーガニック(カタルーニャ州政府認証CCPAE取得)

・醸造法:ステンレスタンク発酵の後、オーク樽で3か月熟成。

・購入先:エノテカ

ジャン・レオンのおすすめスペインワイン関連のおすすめ記事

・ジャン・レオンのロゼ。

スペインのジャン・レオンの優しいオーガニック・ロゼワインスペイン・カタルーニャ州のジャン・レオンの3055ロゼ2015です。オーガニック農法で造られたピノノワールのロゼは、酸味が少なめで、優しく爽やかで柔らかいワインです。料理と良くマリアージュしそうなバランス感を持っています。...

ジャン・レオンのおすすめスペインワイン関連のおすすめワイン

・下記は美味しかったジャンレオンのロゼ。

・現在セラーインして出番待ちの非常に楽しみにしているカベルネ・ソーヴィニヨンです。ちょっと高価なカベルネです。

スペインの生産者ジャン・レオンについて

生産者:ジャン・レオンについて、購入先のエノテカのページから引用しています。ワイン1本が生まれるまでに、これほどのドラマが背景にあると知ると、ますますワインにのめり込みそうです。

エノテカオンライン「ジャン・レオン」のページ

 

スペインにおける国際品種栽培の先駆けとなるワイナリー、ジャン・レオン。
貧しい移民であったジャン・レオン氏は19歳でアメリカに渡り、ハリウッドでフランク・ シナトラ所有のレストラン「ヴィラ・カプリ」に職を得て長い下積みの後、ビバリー・ヒルズにレストラン「ラ・スカラ」を開業します。
このレストランが、マリリン・モンローやジョン・F・ケネディーといった数々の著名人の信奉を集め、その名はハリウッドの伝説として歴史に刻まれることとなりました。
レストラン事業を成功に導いた後、ジャン・レオン氏は「ラ・スカラ」を訪れる特別な顧客をもてなすべく、自身の手で理想的なワインを造ることを決意します。

1964年にはスペイン、カタルーニャの地ペネデスで念願だったワイン造りをスタート。気候と土壌にこだわって畑を分類し、それぞれ最適の品種を植えています。購入した畑には、シャトー・ラフィット・ロスチャイルドやコルトン・シャルルマーニュといった、フランスの名だたる生産者・生産地の苗木をスペインで初めて植樹。スペインにおける国際品種のパイオニアと言われます。

ワイン生産者としても著名人から愛され、1980年にホワイトハウスで催されたレーガン大統領の就任式では、カベルネ・ソーヴィニヨン・レゼルヴァの1975年が
振る舞われるなど、世界的に高評価を獲得。しかし、大いなる志も半ば、ジャン・レオン氏は病に倒れてしまいます。

そして1996年にその生涯を閉じる2年前、自身のワイナリーを、かねてより交流のあったトーレス・ファミリーの傘下に入れることを決意。

iconicon 現在では、スペイン屈指の名門トーレス・ファミリーのミレイア女史がジャン・レオン氏の志を尊重し、自社畑のブドウのみ使用、手摘みの収穫、少量生産といった信念を受け継ぎ、優れたワインを世に送り出しています。
2012年にはエコロジーワインとしての認定を取得し、有機農法で丁寧な栽培を行っています。

3055シリーズは、有機栽培の畑のブドウを使用したシリーズ。カタルーニャ州政府の有機農作物認証であるCCCPAEを取得したオーガニックワインです。
“3055”は夢を叶えた伝説の男ジャン・レオン氏を見守った象徴的な数字。
若き日のジャン・レオン氏が、ニューヨークに渡って最初に就いたタクシー運転手のライセンス番号から付けられました。

★ブログランキングに参加中です。よろしければクリックをお願いします!励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ABOUT ME
ワインの探究者ヴァンさん
★週末だけでもいいので、ちょっと美味しいワインを飲みたい!というタイプです。★必然的に家飲みが多めですが、ソムリエ・ソムリエールがサーブするワインバーも大好きです。 ★直近2年程で500種類を飲み、ワインセラーのストックは300本超に。 ★好きなコミック:『神の雫』

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。