ポムロール(赤)

ラ・コンセイヤントのセカンド秀逸なデュオ・ド・コンセイヤント

今回はボルドーのポムロール地区のシャトー・ラ・コンセイヤントのセカンド、デュオ・ド・コンセイヤントです。

デュオ・ド・コンセイヤントは、当時、2013vtをエノテカ大阪店で勧めていただいて、同店のカフェスペースで友人と抜栓し、それ以来ファンになりました。

その後、同じヴィンテージを3本をリピート購入しています。

今回は2014ヴィンテージで、2018年にエノテカオンラインで購入しています。

2013vtはリリース直後から1年以内位に全て飲んでいますが、今回はエノテカのレンタルセラーで3年弱熟成させてからの抜栓です。

少し熟成したデュオ・ド・コンセイヤントも楽しみです!

ラ・コンセイヤントのセカンド デュオ・ド・コンセイヤント2014

ワインの情報は購入先のエノテカオンラインから引用しています。

2014ヴィンテージのコメント

外観は深みのあるルビー色。木イチゴやレッドチェリーなどのドライフルーツのアロマと、わずかに森の下草やスパイスなどの香りがグラスから立ち上ります。

軽やかなタンニンを感じられる口当たり。口に含んだ瞬間、美しく透き通った酸と果実味が広がり、芯のしっかりとした余韻へと続きます。

 

しなやかで奥行きのある妖艶なスタイルが「まるでブルゴーニュのグラン・クリュのよう」と例えられるシャトー・ラ・コンセイヤントのセカンドラベル。若樹のブドウを使用し、ファーストラベルと同様に純粋な果実の味わいを最大限引き出す醸造を実施している。

詳細はこちら(エノテカオンラインのページ)

デュオ・ド・コンセイヤントの生産者:シャトー・ラ・コンセイヤント

生産者の情報はエノテカオンラインから抜粋・引用しています。

icon
iconラ・コンセイヤントは古くから名高く、1871年から現在に至るまで、ニコラス家がオーナーとして代々受け継がれている老舗シャトー。そのため品質が安定しており、どのヴィンテージでも一貫したスタイルを保っています。また長い歴史を持つ一方、ポムロルではステンレスタンクを導入するなど、最先端の技術を一早く取り入れる柔軟性も備えており、レヴァンジル、ヴュー・シャトー・セルタンと並び称される、ポムロルを代表するシャトーの一つです。

詳しくはこちら(エノテカオンラインのページ)

ラ・コンセイヤントのセカンド デュオ・ド・コンセイヤントの感想

抜栓直後、グラスに顔を近づけた瞬間から、甘ーい素晴らしい香りが漂います。熟したブラックベリー、クレームドカシスなどのとろけそうな甘い香りがします。リコリス、ミントなどのハーブ、スミレの花など素晴らしい芳醇さで、かつ、調和の取れた複雑さです。

本当に、うーんと唸らせる芳醇さです。

口に含むと、タンニンは豊富で凝縮感があり、でも繊細で舌の上を滑らかに流れていく。

少し酸味もある熟れたブラックベリーやブルーベリーなどの黒系果実、リコリス、クレームドカシスなどの味わい。

甘やかさく滑らかで、しかも少し酸味があるため、尚のこと、グラスが進んでしまいます。

「ああー、美味しい!」を連発しながら、ぐいぐい飲んでしまいました。あっという間に妻と2人でフィニッシュしてしまいました!

 

先日飲んだサンテミリオンのシャトー・ラローズともクオリティや味わいの雰囲気がよく似ています。しかし、ラローズには酸味がなかったところが大きな違い。酸味が無い方が良い方は、ラローズの方がおススメです。お香と香水のような香りで、艶やかな素晴らしいワインです。

おすすめサンテミリオン エレガントなシャトー・ラローズシャトー・ラローズ2008。サンテミリオン特別級。4600円台~。熟した黒系果実、スミレの花、クローブ、少しリコリス、トリュフ、芳しい花、クレームドカシスや甘いスパイスの香り。口に含むと、華やかな味わいでクレームドカシスや熟したブラックベリーやカシス、トリュフ、ヴァニラ、スパイスなど様々な味わい。非常にエレガントなワインです。...

さて、今回のワインは濃厚さと甘やかさの中に、少しフレッシュさがあり、生き生きとした印象があります。

めっちゃ美味しかったです。これでセカンドワインですから、コンセイヤントはやはり偉大なワインです。

セカンドでも価格はかなりしますが、私の中では一度は飲むべきワインです。

ちなみに、エノテカ大阪店で勧められてカフェスペースにショップから持ち込みで、2013ヴィンテージをリリース直後に飲んでいますが、めっちゃ美味しかったです。

その後このワインのファンになりました。

リリース直後でも非常に美味しいワインですので、早飲みでも多少熟成させても、いずれでも楽しめるワインです。

ラ・コンセイヤントのセカンド デュオ・ド・コンセイヤントの基礎情報

・生産地:フランス>ボルドー>ポムロール

・葡萄品種:メルロー90%、カベルネ・フラン10%

・参考価格:8800円位

(エノテカのケースオーダー20%割引で8100円で購入)

・原産地呼称等:ACポムロール

・栽培・醸造法等:平均樹齢20年(ファースト約35年)。手摘み、コールド・マセラシオンなどファーストと同様。新樽比率50~60%(ファーストは最大80%)

・抜栓時期:2021.1. エノテカレンタルセラーで約3年弱熟成後抜栓。

・インポーター:エノテカ

・購入先:エノテカ

エノテカ・オンラインのおすすめの活用方法のポイントを解説エノテカオンラインを活用して、ワイン・ライフをもっと楽しめるような便利なサービスなどのおすすめポイントや、ワインを少しでもお値打ちに購入するおすすめの方法などを紹介しています。...

シャトー・ラ・コンセイヤントの記事

シャトー・ラ・コンセイヤント2006

2万円超。熟成した黒系果実、リコリス、スパイス、バニラ、トリュフ、スミレの花などの香り。熟した様々な黒系果実の深みのある味わい。リコリス、スパイスなどが加わる。エレガントで美味しいワインです。

シャトー・ラ・コンセイヤント2006 エレガントなポムロールボルドー右岸、ポイヤックのシャトー・ラ・コンセイヤント2006。2万円超。熟成した黒系果実、リコリス、スパイス、バニラ、トリュフ、スミレの花などの香り。熟した様々な黒系果実の深みのある味わい。リコリス、スパイスなどが加わる。エレガントで美味しいワインです。...

★ブログランキングに参加中です。よろしければクリックをお願いします!励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ABOUT ME
ワインの探究者ヴァンさん
★週末だけでもいいので、ちょっと美味しいワインを飲みたい!というタイプです。★必然的に家飲みが多めですが、ソムリエ・ソムリエールがサーブするワインバーも大好きです。 ★直近2年程で500種類を飲み、ワインセラーのストックは300本超に。 ★好きなコミック:『神の雫』