ピノノワールのおすすめワイン 価格帯・地域別の厳選5本

画像は記事へのリンクです。

ブルゴーニュ(赤)

パトリス・リオンのブルゴーニュルージュは透明感のある美味しさ

パトリス・リオンのブルゴーニュ・ルージュについて

ブルゴーニュ・ピノ・ノワール2015について

パトリス・リオンはブルゴーニュを飲み始めた、2012ヴィンテージよりリピートをしている生産者です。ブルゴーニュ・ルージュ以外にもニュイ・サン・ジョルジュ(本ブログの記事)とシャンボール・ミュジニーの1級を飲んでいます。

ブルゴーニュ・ルージュは価格も3000円台で買えますので、パトリス・リオンを知るにはちょうど良いワインだと思います。パトリス・リオンのたくさんのワインを飲んでいる訳ではありませんが、現在の印象は非常に透明感のある美しいワイン。色がという意味ではなく、香りも味わいも、赤い果実の旨味をたっぷり楽しめるしっかりとした味わいのワインなのですが、ピュアな果実の印象が強く、そのため透明感を感じるという表現が合致すると思います。なお、以前飲んだ1級の、ニュイ・サン・ジョルジュとシャンボールだと果実の凝縮感もあり、少し印象が異なります。1級クラスだと、リリース直後よりは少し熟成させてからの方がより旨味や香りが華やかになり、もっと楽しめる印象です。

いずれにしろ、素晴らしいブルゴーニュの生産者だと思いますので、おすすめめです。

ブルゴーニュ・ピノノワール2015 パトリス・リオン

created by Rinker

生産者のパトリス・リオンについて

icon購入先のエノテカのページから抜粋・要約しておきます。

天才醸造家の手腕を味わいたいと思います!

エノテカオンライン「パトリス・リオンのぺージへのリンク

icon
icon「ニュイ・サン・ジョルジュに本拠地を置くパトリス・リオンは、2000年に設立されたブルゴーニュの中でも新しいドメーヌ。生産年、銘柄に関係なく、毎年安定したハイクオリティなワインを手掛ける生産者としてフランス国内で非常に高い評価を受けています。有名な三ツ星レストラン「ジョルジュ・ブラン」をはじめ、錚々たる星付きレストランにオンリストされている。
彼はピノ・ノワールの神様と呼ばれるアンリ・ジャイエ氏からの強い影響を受け、オレゴンをはじめ各地でコンサルタントとして活躍するなど、天才的な醸造のセンスを発揮してきた人物。評価が低迷していたドメーヌを彼が引き継ぐや否や、一気にニュイ・サン・ジョルジュを代表する最高峰ドメーヌにまで引き上げました。」

パトリス・リオンのブルゴーニュ・ルージュ ワインの感想

やや甘酸っぱいラズベリー、グランベリーなどの赤系果実、そしてスパイスが加わる。ずっと嗅いでいたくなる芳しい香り。口に含んだ瞬間、赤い果実の旨味をしっかりと感じます。同時に透き通るようなピュアな果実の味わいと、スパイスを感じます。酸味はそれ程強くなく、タンニンは豊富な印象を受けます。全体としてはやはり透明感があるワインという印象になります。

2015ヴィンテージの特徴でしょうか、過去に飲んだ2012、2013、2014ヴィンテージのパトリス・リオンのブルゴーニュ・ルージュと比較すると、2015ヴィンテージの方がタンニンを感じます。もちろん邪魔になる程ではありません。過去に飲んだヴィンテージではあまりタンニンを意識しないほどで、もっと透明感を感じる印象でしたが、2015ヴィンテージはやや膨よかな印象です。そのため、ある程度熟成させても面白いんだろうなぁと感じます。買いだめできるならセラーに寝かせて、2年毎に1本ずつ抜栓して変化を楽しんでみたいですね。

やはりヴィンテージによる差異があって面白いと思います。以前、記事にしたルー・デュモンも同様です。2013ヴィンテージはリリース直後でも非常にエレガントで飲みやすかったのですが、2014ヴィンテージはかなり酸味が強く、その2年後に抜栓すると酸味は控えめになり、エレガントさが増しました。2015ヴィンテージはリリース1年後に飲んだ際は酸味よりも果実の凝縮感を感じるような印象でした。ヴィンテージの違い、抜栓時期の違いでも味わいの印象はどんどん変わり、ワインは本当に楽しめるお酒だと思います。

ブルゴーニュ・ピノノワール2015 パトリス・リオン

created by Rinker

パトリス・リオンのブルゴーニュ・ルージュ ワインの基礎情報

1 生産地:フランス > ブルゴーニュ

2 葡萄品種:ピノ・ノワール

3 参考価格:3000円程度

4 購入先:エノテカ

ブルゴーニュ・ピノノワール2015 パトリス・リオン

created by Rinker

パトリス・リオンのブルゴーニュ・ルージュに関連するおすすめ記事

・パトリス・リオンの上級キュヴェです。ニュイ・サン・ジョルジュ・プルミエ・クリュ・クロ・サン・マルク2011。ある程度リリースから時間も立っていたこともあり、熟成が進み、最高に美味しかったです。

ブルゴーニュワイン、ニュイサンジョルジュ1級(モノポール) パトリス・リオンのドメーヌ、モノポールもの。1級畑、クロ・サン・マルク。単独所有畑、ビオ手法で大切に育てた土壌と葡萄からAOCブルゴーニュや村名と一味違う味わいに。滑らかだけど骨格があり、あふれ出す果実や花の香りが止まらなくなる...

・文中で引用したルーデュモンのブルゴーニュ・ルージュです。

ルーデュモンのブルゴーニュルージュが私のワイン人生を変えた!ブルゴーニュルージュ2015.2014年ヴィンテージ以降は毎年ダース買いしているお気に入りの3000円台のワインです。NHK『仕事の流儀』で紹介され、また、『神の雫』でも多数ワインが登場しているワイナリー。ネゴシアンもののAOCブルゴーニュ・ルージュです。...

パトリス・リオンのブルゴーニュ・ルージュに関連するおすすめワイン

 

★ブログランキングに参加中です。参考になりましたらクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ABOUT ME
ワインの探究者ヴァンさん
★週末だけでもいいので、ちょっと美味しいワインを飲みたい!というタイプです。★必然的に家飲みが多めですが、ソムリエ・ソムリエールがサーブするワインバーも大好きです。 ★直近2年程で500種類を飲み、ワインセラーのストックは300本超に。 ★好きなコミック:『神の雫』
あわせて読みたい!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください