ボーヌ(赤)

ブルゴーニュ、ヴァンサン・ルグーのボーヌ・プルミエ・クリュ

ヴァンサン・ルグーのボーヌ・プルミエについて

ボーヌ・プルミエ・クリュ・アン・ジュネ2014 

生産者:ヴァンサン・ルグー

久しぶりに日曜日の日中にエノテカ大阪店(食べログ)のカフェを伺い、グラスワインをいただきました。その一杯目です。普通のお店ではあまり出ていないグラスワインがあり、目移りしながら、まずはブルゴーニュの内、飲んだことのないものからチョイスしたのが、このワインです。また、生産者のヴァンサン・ルグーであることもポイントです。

ヴァンサン・ルグーは、過去に飲んだのはブルゴーニュ・ルージュ2015です。3000円前後でかなり美味しかったので、村名含めてワインセラーに4本入っています。そんな経緯もあり、選択しました。

※下記は楽天・ヤフーはヒット。アマゾンはボーヌ。4000円程で買えるボーヌから試すのも一考の価値あり。

そんなヴァンサン・ルグーについての情報は、エノテカさんのページから抜粋・要約しています。

ヴァンサン・ルグー氏は、DRC社の12人の正社員のひとりとして、主にグラン・エシェゾーとエシェゾーの栽培を担当し、8年間勤務の後、退社。当時は、栽培から醸造、熟成、出荷まで幅広く従事し、若手のエースとしてグレート・ヴィンテージ2005年のブドウ栽培などに携わった。
退社後、ヴォーヌ・ロマネ村近く、コンクール村の実家のドメーヌに戻って土壌改良などを行った後、2008年に正式にドメーヌを継承して本格的に自社にて瓶詰めを開始した。

エキスがたっぷりと抽出されていて且つ、濃くなく上品なワインを理想とするルグー氏。栽培と醸造においては、除梗率や新樽率などを除いて、基本的にはDRCでやってきたことをそのまま生かしつつ、「最も大事なことは、observation(オプセルヴァシオン/観察)。すべてにおいて、自分の目で見て確認するということです」と語っています。

2010年から完全ビオロジック栽培を実施。 厳しい選果の後、白ワインは除梗せず、赤ワインは100%除梗し、ブドウエキスの抽出はソフトに行われます。ステンレスタンクを使用し、天然酵母のみで発酵。赤ワインは無清澄にて瓶詰されます。非常に優しく丁寧な造りが生む、強さというよりも、しなやかさとエキスの詰まった味わいが特徴です。

エノテカオンライン「ヴァンサン・ルグー」のページ

名前だけは知っている?「ロマネ・コンティ」などの錚々たるワイン達を造るDRCでの経験を活かして素晴らしいワイン造りをされているんだと思います。少し驚いたのは、今回いただいたワインは複雑な印象もありましたが、樽を使わずステンレスタンクを使用している点です。今思い出すと、確かに樽の要素はなかったように感じますが、ピノ・ノワール1品種の味わいだけで、これ程様々な要素が生まれるところが凄いなぁと感じます。ピノ・ノワールの奥深さですね。

ヴァンサン・ルグーのボーヌ・プルミエ ワインの感想

香りは、ラズベリーやグランベラリーなどの甘酸っぱい赤系果実、リコリス、オレンジピューレ、スパイス、なめし皮など、フレッシュでスパイシーな印象。口に含むと、香りのとおり甘酸っぱい赤系果実があり、スパイス、なめし革など、赤い果実のフレッシュさ、少しスパイシーさ、野性味を感じる。タンニンは豊富。

ボーヌのプルミエは初めて飲みました。また、ヴァンサン・ルグーのコート・ド・ボーヌのワインも初めてでした。赤い果実の美味しさを堪能できるとともに、かなりスパイシーな印象を受けました。私の中では、このスパイシーさと果実のバランスが特徴的に感じました。コート・ド・ニュイにもスパイシーなワインはたくさんありますが、私が飲んだどのワインとも少し違う感じがします。どう違うのかが表現できないのが、経験と知識が足らない素人テイスターですので残念です。引き続きコート・ド・ボーヌの赤ワインも飲んで、経験を積んでいきたいと思います。

しかし、ピノ・ノワール単一で造られるワインなのに、ワインごとにこんなに味わいが違うところが、ピノ・ノワールの最大の魅力ですね。そして、ブルゴーニュのテロワールの偉大さですね。ついつい飲み比べてみたくなります。そして、散財…。

ヴァンサン・ルグーのボーヌ・プルミエ ワインの基礎情報

1 生産地: フランス > ブルゴーニュ > コート・ド・ボーヌ >ボーヌ

2 葡萄品種: ピノノワール

3 参考価格: 900円/50ml (小売価格:8000円位)

4 栽培法: ビオロジック

5 醸造法: 100%除梗。ステンレスタンク。天然酵母。無清澄

6 購入先:エノテカ

エノテカオンライン「ヴァンサン・ルグー」のページ

※下記は楽天・ヤフーはヒット。アマゾンはボーヌ。4000円程で買えるボーヌから試すのも一考の価値あり。

ヴァンサン・ルグーのボーヌ・プルミエに関連するおすすめ記事

・ブルゴーニュのプルミエ・クリュつながり。

ニュイ・サン・ジョルジュ・プルミエ・クリュ・クロ・サン・マルク2011 ドメーヌ・リオン

ブルゴーニュワイン、ニュイサンジョルジュ1級(モノポール) パトリス・リオンのドメーヌ、モノポールもの。1級畑、クロ・サン・マルク。単独所有畑、ビオ手法で大切に育てた土壌と葡萄からAOCブルゴーニュや村名と一味違う味わいに。滑らかだけど骨格があり、あふれ出す果実や花の香りが止まらなくなる...

ヴァンサン・ルグーのボーヌ・プルミエに関連するおすすめワイン

※下記は楽天・ヤフーはヴィンテージ違いでヒット。アマゾンはヒットせず。

 

★ブログランキングに参加中です。クリックをお願いします!励みになります。

ABOUT ME
ワインの探究者ヴァンさん
★週末だけでもいいので、ちょっと美味しいワインを飲みたい!というタイプです。★必然的に家飲みが多めですが、ソムリエ・ソムリエールがサーブするワインバーも大好きです。 ★直近2年程で500種類を飲み、ワインセラーのストックは300本超に。 ★好きなコミック:『神の雫』

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です