ラングドック・ルーション(赤)

ラングドックのピノノワール デイリーで楽しめるフランスワイン

ラングドックのデイリー、ピノノワールについて

ロスチャイルドのカデ・ドック・ピノ・ノワール2016について

2015ヴィンテージは結局7本飲みました。そして、2016ヴィンテージも何度もリピート中です。

このピノ・ノワールはコスパが非常に高いと思います。世界中でワインを造っているロスチャイルドの技術力は、さすがと感じます。

あまり安すぎるピノ・ノワールを飲むと、甘さが強すぎたりして、好みではない場合がありました。しかし、このピノ・ノワールは、デイリーに飲むには非常に満足できるワインです。

ロスチャイルド家は、ボルドー格付1級の5大シャトーの1つシャトー・ムートン・ロスチャイルド、カリフォルニアのオーパス・ワン(ロバート・モンダヴィとのジョイント・ベンチャー)、チリのアルマヴィーヴァ(コンチャ・イ・トロとのジョイント・ベンチャー)など世界中で高く評価されているプレミアム・ワインを造っています。また、リーズナブルなシリーズのワインも様々な地域で造っており、いずれも高いクオリティを感じます。

そんなロスチャイルドが造るラング・ドックのピノノワールです。

生産者のバロン・フィリップ・ド・ロスチャイルドとカデ・ドックについて

生産者及び「カデ・ドック」シリーズの詳しい情報はエノテカのページから抜粋・要約しています。

エノテカオンライン「バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルドのページを詳しくはご参照ください。

1855年にパリ万博に際して制定されたメドックの格付け。160年以上の歴史の中でただ唯一、格付け変更が許されたシャトーが、このシャトー・ムートン・ロスチャイルドです。

バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド男爵が残した「われ一級になりぬ、かつて二級なりき、されどムートンは昔も今も変わらず」、という名句はあまりにも有名。「最高を目指すためにあらゆる努力を惜しまない」この姿勢こそがシャトー・ムートン・ロスチャイルドのスタイルとも言えます。

シャトー・ムートン・ロスチャイルドをトップシャトーに押し上げた伝説の人物、バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド男爵は1960年代、その卓越した先見の明によってアメリカ・カリフォルニアに進出。カリフォルニアワイン界の重鎮、ロバート・モンダヴィ氏とタッグを組んで夢のワインを生み出しました。それが「オーパス・ワン」です。

続いて1998年に誕生したワインが「アルマヴィーヴァ」。世界中で最高のカベルネを生む土地を探してようやく見つけたチリの畑で、チリ最大かつ最高のワイナリー、コンチャ・イ・トロ社とのジョイント・ベンチャーにより生まれました。

1930年、ブドウが不作となりシャトー・ムートン・ロスチャイルドを瓶詰めできなかったことから、そのブドウを使ったワイン「ムートン・カデ」が誕生しました。このワインを生み出したのはシャトー・ムートン・ロスチャイルドに大いなる飛躍をもたらした伝説の当主、フィリップ・ド・ロスチャイルド男爵。彼が一族の末っ子(カデ)であったこと、それがムートン直系のワインであるという意味を込めてその名が付けられました。

 

エノテカオンライン「カデ・ドック(ピノ・ノワール)」のページの一部を引用しています。

こちらのワインは、南仏ラングドック・ルーションで最も古い歴史を持つ栽培地区で造られ、ブドウ品種ごとに厳選された畑のブドウのみを使用して仕立てます。ワイナリーは海に面した巨大な三日月型の盆地で、スペインとの国境からローヌ地区に渡って300kmに連なる地中海沿岸にあります。この地形の特徴を存分に発揮されている豊かな味わいが特徴です。

ロスチャイルドのカデ・ドック・ピノ・ノワール ワインの感想

スパイスとベリー系の赤い果実のピノらしい香り。口に含むと、フレッシュでジューシーなイチゴ、ラズベリーなどの赤い果実、ハーブやスパイスの味わい。それ程酸味は強くなく、程良い感じです。甘味もあまり感じません。余韻も楽しめます。

赤い果実を頬張ってジュワッとした感じがします。暑い時も爽やかに楽しめるワイン。やはり美味しいですね。1200円でピノノワールが飲めるなら、またリピートしそうです。

ブルゴーニュのピノ・ノワールでは、この価格帯ではほとんど見つけられず、また、たまたま千円台で見つけても面白さに欠けるものが多い印象があります。

そんな方にフランス・ワインのピノ・ノワールで1000円少しで飲める、まさにデイリー・ピノにはお勧めのワインです。料理にも良く合いますよ。

ロスチャイルドのカデ・ドック・ピノ・ノワール ワインの基礎情報

1 生産地: フランス > ラングドック・ルーション

2 葡萄品種: ピノ・ノワール100%

3 参考価格: 1200円位

4 購入先:エノテカ

ラングドックのカデ・ドック・ピノ・ノワール ワイン関連のおすすめ記事

同じ1000円台前半のピノの対抗馬はブルガリアのサイクル・ピノ・ノワールですね。リピートしまくりです。

ハイコスパのピノノワール、ブルガリアワイン恐るべし!サイクルピノノワール2016。ブルガリアのピノノワールの美味しさを知らしめるワインです。ピノの純粋さがあり、素晴らしい香りもあり、バランスが良い。1000円未満で買えますが、3000円位の価格でも納得です。...

同じく千円後半のピノ。長野県千曲川バレーのたかやしろファーム。このピノもお値打ちで美味しいです。

たかやしろピノノワール 日本ワインを1000円台で楽しむ長野県の千曲川バレーのたかやしろファームが造る「たかやしろピノ・ノワール2015」。1000円台。子供時代に食べたザクロや、田舎ではよく見かけた野イチゴを思い浮かべる赤系果実の香り。透明感のある赤系果実の風味や草木など繊細なピノノワールです。...

ラングドックのカデ・ドック・ピノ・ノワール ワイン関連のおすすめワイン

たかやしろピノ・ノワール たかやしろファーム

created by Rinker

★ブログランキングに参加中です。参考になりましたらクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ABOUT ME
ワインの探究者ヴァンさん
★週末だけでもいいので、ちょっと美味しいワインを飲みたい!というタイプです。★必然的に家飲みが多めですが、ソムリエ・ソムリエールがサーブするワインバーも大好きです。 ★直近2年程で500種類を飲み、ワインセラーのストックは300本超に。 ★好きなコミック:『神の雫』
あわせて読みたい!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です