ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ

イタリアワインの女王 ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ 

イタリアワインの女王 ブルネッロについて

ベルポッジョのブルネッロ・ディ・モンタルチーノ2012

右の広告は本件イタリア展から引用しています。

少し前になりますが、那覇市にある「デパートリュウボウ」という百貨店に立ち寄ったところ、イタリア展をやっていたので、待ち合わせの時間にまだ余裕があったので、ワインコーナーで数種類テイスティングさせていただき、その後、同展のカウンターでブルネロをいただきました。

この手の百貨店のイベントでは良くカウンターが仮設され、グラスでワインを飲めるので、ついつい座ってしまいます。普段見かけないワインがグラスで飲めることも多く、テイスティングの良い機会と思います。

ブルネロはセラーには4本入っていて、最も古いヴィンテージで2009年です(他は2011,2011,2012)。ブルネロは超長期熟成向きのワインと認識しているのですが、これらを一体いつ頃抜栓するのが良いのか見当もつきませんが、あと10年程度は熟成した方が良いのだろうかと想定しています。2030から2040年頃が飲み頃でしょうか。多分我慢できず飲んでしまいそうです…。

イタリアワインの女王 ブルネッロ ワインの感想

チェリーなどの赤系果実、花や土のような香りなど複雑。口に含むと、熟した赤系果実とブラックベリーなど黒系果実の味わい。上品な甘みを伴う果実の旨味、ミネラルを余韻まで長く感じることができる。程よい酸味、シルクのような滑らかさが、濃厚でリッチだが、飲みやすく促してくれる。

イタリアらしい濃厚な中に生き生きした赤系果実、そして、ブルネロらしい凝縮感、シルキーさ、熟した果実の旨味とタンニンの甘味を感じる美味しいワインです。グラスワインの価格も手頃ですし、ボトルを買ってリピートしても良いなぁと感じました。

ベルポッジョのイタリア語のページへのリンク

日本語に翻訳してご覧ください。通常、日本では買えないのでしょうか。検索してもヒットしませんでした。であれば、貴重な経験をしたかも。

イタリアワインの女王 ブルネッロ ワインの基礎情報

1 生産地: イタリア > トスカーナ州

2 葡萄品種: サンジョヴェーゼ・グロッソ

3 参考価格: 1620円/100mg

4 原産地呼称: DOCGブルネッロ・ディ・モンタルチーノ

5 時期: 2019年1月

6 場所: デパートリュウボウ(那覇市)

イタリアワインの女王 ブルネッロ関連のおすすめ記事

イタリアで飲むべきワイン、ブルネッロ、アマローネ、バローロ!

・アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ・クラシコ2010 アレグリーニ

イタリアワインの中で一度は飲むべきアレグリーニのアマローネ!イタリア・ヴェネト州のアレグリーニのアマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ・クラシコ2010。8000円台~。手間暇をかけた独特な製法と長期の熟成により実現する、妖艶な香りと魅惑的な味わいの、独創的な非常に素晴らしいワインです。1度はぜひ飲んでいただきたいワインの1つです。...

下記レナート・ラッティ来日イベントで飲んだバローロは最高でした。

生産者来日イベントに参加、バローロのレナート・ラッティエノテカ大阪店の生産者来日イベントに参加した際のレポートです。バローロの生産者レナート・ラッティ。来日されたのはオーナー・ファミリーのピエトロ・ラッティ氏。気さくな語り口によるワインの説明を聞きながら、素晴らしいワインを6種類テイスティングしました。...

イタリアワインの女王 ブルネッロ関連のおすすめワイン

★ブログランキングに参加中です。よろしければクリックをお願いします!励みになります。

ABOUT ME
ワインの探究者ヴァンさん
★週末だけでもいいので、ちょっと美味しいワインを飲みたい!というタイプです。★必然的に家飲みが多めですが、ソムリエ・ソムリエールがサーブするワインバーも大好きです。 ★直近2年程で500種類を飲み、ワインセラーのストックは300本超に。 ★好きなコミック:『神の雫』

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください