エノテカオンラインのおすすめ活用方法のポイントを解説

画像は記事へのリンクです。
 

 

山梨県(赤)

日本ワインの古酒。シャトーメルシャンのメルロー&カベルネ

シャトー・メルシャンのメルロー&カベルネについて

長野メルロー&山梨カベルネ1999

生産者:シャトー・メルシャン(勝沼ワイナリー工場)

このワインは妻が記念日にプレゼントしてれたもの。そして1999ヴィンテージは結婚した年にもあたります。ワインの楽しみ方はいろいろありますが、こういったワインのヴィンテージと記念日を重ねることも楽しみ方の1つですね。もちろん一緒に飲みました。

さて、従来以上に日本ワインに注目していたので、日本のオールドヴィンテージを飲める機会を得たことを本当にうれしく感じました。

メルシャンはかなり昔からワインを取り扱っていたと思いますが、これ程のワインを造っていたことを知り、今後、さらに応援したくなりました。他の気になるワインもいっぱいありますので、探究の旅にでるのはもちろんとして、ワイナリーを一度訪問してみたいです。きっとテイスティングしまくりでしょうね。

メルシャンのホームページからヒストリーを下記「ワインの基礎情報」に抜粋しておきました。よろしければご参照ください。最近メルシャンから美味しいワインがリリースされるはずです。シャトーマルゴー醸造責任者だったポール・ポンタリエ氏を醸造アドバイザーに迎え入れていたのも品質向上が進んだのではないでしょうか。椀子ヴィンヤード、城の平カベソー、甲州きいろ香など今リリースしているワインが、昔の努力が結実してきているんだなぁとも感じました。品質の高いワインを造るには時間がかかるのが良くわかりますね。

余談ですが、今回の我々のように記念年とヴィンテージワインを重ねる楽しみ方は非常に良いと思います。このワインの20年間と我々の20年間に想いをはせながら、ワインをゆっくり開かせながら変化を楽しみつつ飲むと、二人のいろいろな歴史を紐解いていくようです。これもワインの楽しみ方ですね。

シャトー・メルシャンのメルロー&カベルネ ワインの感想

熟成を感じさせるオレンジの色調がある。カベルネの美しい香りがします。ドライフルーツやベリー系、ブルーベリーなどの赤黒系果実の豊富な香り。タバコの雰囲気もあります。口に含むと、たっぷりの果実、酸味があり、スパイスの風味も加わって複雑さがあります。タンニンはこなれていて上品な舌触り。美味しいですね。

オールドヴィンテージと感じさせない酸味は、日本のテロワールでしょうか。ボルドーワインと言われても頷けそうなクオリティーです。日本ワインの古酒もこんな美味しいものがあるんだと感じました。

シャトー・メルシャンのメルロー&カベルネ ワインの基礎情報

1 生産地: 日本 > 山梨県 > 東山梨郡勝沼町

2 葡萄品種:長野メルロー56%、山梨カベルネ44%

3 参考価格:10,000円位

シャトー・メルシャンについて

4 シャトー・メルシャンのヒストリー(WEBページから抜粋・要約)

・1877年メルシャンの源流とも言える大日本山梨葡萄種会社創立。国産ワインの歴史がスタート。

・1949年甘味料等を混ぜずに造った本格ワイン「メルシャン」誕生。

・1966年「メルシャン1962」が国際ワインコンクール日本初の金賞を受賞

・1970年「シャトー・メルシャン」シリーズ誕生

・1976年桔梗ケ原でメルロー栽培に着手

・1984年城の平でカベルネ・ソーヴィニウオン栽培に着手、フランス式垣根仕立ての栽培に挑戦。

・1990年「北信」でシャルドネの垣根仕立て栽培を開始。また、棚仕立て栽培での短梢選定で栽植密度を高めたり、収量制限を実施。

・1998年シャトー・マルゴーの総支配人兼最高醸造責任者のポール・ポンタリエ氏が醸造アドバイザーに就任。

・2003年ボルドー大学との共同研究を開始(甲州ブドウに隠された品種特有香を発見し、その香りのポテンシャルを引き出すための研究)

・2003年自社畑「椀子ヴィンヤード」を植栽

・2005年「シャトー・メルシャン甲州きいろ香2004」発売。ボルドー大学との共同研究の成果を同ワインとして完成

シャトー・メルシャンのメルロー&カベルネに関連するおすすめ記事

古酒つながりで、ボルドーの古酒2点。

・シャトー・ラグランジュ2003(赤)

日本のサントリーが復活させたシャトー・ラグランジュを味わう!1983年にサントリーが買収し、短期間でワインの評価を上げることに成功したシャトーラグランジュ。今回は16年経過した2003ヴィンテージ。華やかな花々の香り、熟した黒い果実、熟成によるハーブやスパイスの香り。香りだけでも楽しめるワインです。...

・レゼルヴ・ド・ラ・コンテス1994 シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド(赤)

ボルドー格付2級ラランド(ポイヤック)のセカンド1994レゼルヴ・ド・ラ・コンテス1994、ポイヤックの貴婦人と称されるメドック2級格付のシャトー・ピション・コンテス・ド・ラランドのセカンドワイン。今から25年前の葡萄で造られたワインです。悠久の時を越えて存在しえるところもワインの凄いところですね。...

シャトー・メルシャンのメルロー&カベルネに関連するおすすめワイン

★ブログランキングに参加中です。参考になりましたらクリックをお願いします!

ABOUT ME
ワインの探究者ヴァンさん
★週末だけでもいいので、ちょっと美味しいワインを飲みたい!というタイプです。★必然的に家飲みが多めですが、ソムリエ・ソムリエールがサーブするワインバーも大好きです。 ★直近2年程で500種類を飲み、ワインセラーのストックは300本超に。 ★好きなコミック:『神の雫』

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。