ラインヘッセン(白)

ヴィットマンのアイン・フンダート・ヒューゲル・リースリング

今回はエノテカ『アロマティックな白ワイン5本セット』(11,000円。送料無料。2200円/本)の1本として購入しました。

このセットのワインは私のお気に入りの生産者ばかりのラインナップで、以前から気になっていて、いざセットを買おうと思ったら売り切れ、その後、このセットが復活したのを見付けたので、その際は即決で購入しました。

今回のワインはドイツのヴィットマンのリースリング・トロッケンです。

ドライリースリングはお気に入りですので、楽しみにしていた1本です。

そんなワインの感想です。

 

ヴィットマンのアイン・フンダート・ヒューゲル・リースリング・トロッケン2019

ヴィットマンのアイン・フンダート・ヒューゲル・リースリング・トロッケンの情報は輸入元兼購入先のエノテカから抜粋・引用しています。

輝きのあるレモンイエローの外観。リンゴやレモン、グレープフルーツの華やかな香りが際立ちます。ドライな口当たりに、豊潤な果実味が魅力。洗練されたストラクチャーの中に、塩味を帯びたミネラルと美しい酸が見事に混ざり合い、卓越したバランスをみせます。

20年以上もの間オーガニックなブドウ栽培を実践してきたことで、土壌はフカフカ。そのためブドウ樹の根は土壌の深くにまで根を伸ばしており、その結果彼らの造り上げるワインはブドウ畑、つまりテロワールの個性が強く表現されています。

慎重に圧搾したブドウ果汁は、大きなアーチ型天井の地下室で木製の樽で天然酵母によって発酵。低温に保たれたセラーでゆっくりと発酵と熟成が進み、自然なアロマが保持されます。このため、ヴィットマンのワインには独自のスタイルがあり、 一口飲めばすぐにそれとわかる、伸びやかで透明感のある気品に溢れた味わいを持つのです。

ビオロジック(有機農法)で栽培されたブドウで造られています。

詳しくはこちら(エノテカオンラインのページ)

アイン・フンダート・ヒューゲル・リースリング・トロッケン / ヴィットマン

created by Rinker

 

アイン・フンダート・ヒューゲル・リースリングの生産者:ヴィットマン

アイン・フンダート・ヒューゲル・リースリングの生産者、ヴィットマンの情報は輸入元兼購入先のエノテカから抜粋・引用しています。

詳しくはこちら(エノテカオンラインのページ)

ドイツ最大のワイン産地ラインヘッセンの南部、ヴェストホーフェンの地で1663年から15代続く老舗ワイナリーです。

ドイツにおけるオーガニックワインの第一人者と言えるほど早い時期からの自然農法への取り組み。先代のギュンター・ヴィットマン氏が1980年代初頭より有機農法に転換し、1990年にオーガニック認証、2004年にビオディナミ認証を取得。30年以上の有機農法によりブドウ樹の根は土壌の深くにまで根を伸ばし、その結果彼らの造り上げるワインはテロワールの個性が強く表現されています。

 

ヴィットマンのアイン・フンダート・ヒューゲル・リースリングの感想

やや薄めの艶やかな美しいゴールド。

白桃、緑のハーブ、白い花、ラフランス、パッションフルーツ、優しい酸味のレモン、バニラ、オイル、オレンジなどの香り。

イメージにあるリースリングの香りよりも、落ち着いていて、甘やかな香りは強くなく、緑のハーブ、南国果実を感じます。

しかし、それも強くなく、落ち着いています。

スワリングすると、角のない酸味の優しいレモンやオレンジ、白い花、バニラなどの爽やかさや甘やかさ、マイルドでクリーミーさをイメージする。

さらにスワリングしていくと、非常に多彩で、芳しいフルーティな香りです。

抜栓直後はまだ香りが立っていなかったようです。

 

口に含むと、少しの酸味、僅かな甘味がある。

ややフレッシュな白桃、緑のハーブ、和柑橘、角の無い酸味のレモンや僅かにオレンジ、ラフランスなどの味わい。

優しく、上品な甘味が美味しくて、非常に癒されます。

そして、少し感じる酸味が甘さを控えめにして、かつ、フルーティな印象にしてくれます。

香りも多彩で芳しく、非常に楽しめます。味わいは各要素の主張は強くなく、バランスの良い、優しい味わいのリースリングです。

上品で、非常に美味しいです。

 

抜栓から1時間もすると、非常に良い状態になりましたので、ゆっくりと時間をかけて飲むのがおすすめです。

抜栓2時間後以降は、多彩なフルーティさのバランスが非常に良く、ハッとさせられる美味しさもあり、個人的には一番美味しかったです。

 

ドイツのヴィットマンが造るアイン・フンダート・ヒューゲル・リースリング・トロッケンを初めて飲みましたが、上品で非常に美味しいリースリングでした。

基本的にドライリースリングが好きな私は、甘口のイメージが強いドイツのリースリングは以前は飲んだ経験が少なかったです。

しかし、こういう上品なドライリースリングを飲むと、ドイツのリースリングはドライなワインも美味しいと改めて感じます。

今後はさらに意識して、ドイツの辛口のリースリングを飲んで行きたいと思わせる、美味しいワインでした。

価格は2200円ですので、手頃感も高く、おすすめのリースリングです。

アイン・フンダート・ヒューゲル・リースリング・トロッケン / ヴィットマン

created by Rinker

 

エノテカ『アロマティックな白ワイン5本セット』(送料無料。11,000円。2200円/本)で購入しています。このセットは中身の入替はあってもいいので、常時販売して欲しいお気に入りのセットです。

【期間限定】アロマティックな白ワイン5本セット / エノテカ

created by Rinker

 

ワインセットのおすすめ 1本2000円までのコスパの高い、厳選8セット1本ほば2000円までのコスパの高い、おすすめワインセットから厳選して8種類を紹介しています。日々ワインを探究している実際の経験の中で見つけた美味しいワインで構成されるワインセットです。...

 

ヴィットマンのアイン・フンダート・ヒューゲル・リースリングに合わせた料理など

・スペインポーク3種のオードブル:エスプーニャ ハモンセラーノ、トーレデヌニエズ サルシッチョンスライス、トーレデヌニエズ チョリソスライス。

 

・エスプーニャ ハモンセラーノは味を無理に添加していないため、本来の生ハムの優しい旨味が噛むほどに感じられます。また、塩味は控えめで、非常に美味しいです。

ワインと合わせると、ワインの酸味が僅かに強まり、柑橘類が前に出てきて、他のフルーツも感じます。徐々に生ハムの旨味が感じられ、フィニッシュでは生ハムの旨味と塩味がしっかりと楽しめます。

 

・トーレデヌニエズ サルシッチョンスライスは、スモーキーさ、香ばしさが口いっぱいに広がり、中盤から旨味が特に感じられます。

添加物がほとんどないためか、一般的なサラミのように濃すぎず、程良い味わいであるため、旨味をしっかりと感じて楽しめます。

フィニッシュではスパイシーさを感じます。

ワインと合わせると、直後にフルーティな味わいが支配的になり、中盤から一気にサラミの旨味が支配的になり、そのままフィニッシュします。

ワインの風味がサルシッチョンに彩りを添えるイメージで、そのまま食べるのとは少し違った美味しさを楽しめます。

ワインとの相性は良いですが、ワインは裏方になる印象です。

 

・トーレデヌニエズ チョリソスライスは、複雑で濃いめの味わいですが、やはり添加物がほとんどないので、濃過ぎる味わいではなく、バランスの良い美味しさです。

そのため、単独でも食べ進めれそうな味わいです。

ワインとを合わせると、ワインの柑橘類の風味が爽やかさをチョリソの味わいに加えます。

チョリソはマイルドな味わいを引き出されたようにも感じます。

この組み合わせは、チグハグな印象になるかもという予想に反して、相性が良かったです。

但し、ワインよりもチョリソが明確に主役になるペアリングです。

ワインをじっくりと楽しみたい方は別々に口に含むのが、おすすめです。

 

3種のスペインポークはいずれもヴィットマンのアイン・フンダート・ヒューゲル・リースリング・トロッケンとは相性は良かったです。

しかし、ワインとの立ち位置がポークごとに異なります。

生ハムの場合、ワインが主役になり、サルシッチョンとチョリソの場合はワインが脇役というイメージでした。

チョリソよりはサルシッチョン、サルシッチョンよりは生ハムの方がワインを高めてくれます。

ポーク3種、特にチョリソをリースリングに合わせると、どうなるのかが興味深かったのですが、結果は予想以上に3種類ともリースリングに合わせられると言うことでした。

特に生ハムは非常に良かったです。

そして、チョリソもリースリングと合わせることが確認できました。

3種類のポークとのペアリングの違いを比較しながら味わうのは、非常に楽しかったです。

機会があれば、是非!

エスプーニャ ハモンセラーノ 「スペイン北東部カタルーニャにあるオロット村で12ヶ月熟成された白豚の生ハムです 」(協同インターナショナルの公式ページ内、エスプーニャのブランドページより引用。こちら) ・輸入元:ラクトジャパン
・販売者:協同インターナショナル
トーレデヌニエズ サルシッチョンスライス 「主に穀物を与えて肥育したデュロック豚の原料を使用しました。後味に嫌な苦味などが無く、透き通ったようなデュロック豚の旨味の余韻がお楽しみ頂けるスペイン産サラミです」(成城石井の公式ページより引用こちら 加工者:株式会社コダマ
トーレデヌニエズ チョリソスライス 「後味に嫌な苦みなどが無く、透き通ったようなデュロック豚の旨味の余韻がお楽しみ頂けるスペイン産サラミです。ニンニクと赤パプリカの味わいがお楽しみ頂けます」(成城石井の公式ページより引用。こちら) 加工者:株式会社コダマ

 

※INTERPORC Japanが実施していた真夏のプレゼントキャンペーンに当選していただきました。

INTERPORC Japanとは スペイン貿易投資庁とスペイン白豚生産加工者協会、スペイン大使館経済商務部によるスペインポークプロモーションの公式アカウント。
URL https://spanishpork.jp/find/
Instagram @spanishporkjapan
twitter @spanishpork

 

 

・スペインサラミ入りスープ:トーレデヌニエズ サルシッチョンスライスを野菜と供にスープに入れて、具材兼出汁にしています。

・フルート アンシェンヌ:PAUL(ポール)

 

サルシッチョンの旨味の多くは、調理過程でスープに出てしまいますが、口に含むと、旨味は噛む程にまだまだ現れてきます。

スープに入れずに直接食べる場合とは異なり、より薄味のまろやかな味わいとなった旨味が感じられて、この状態も美味しいです。

ヴィットマンのリースリングと合わせると、ワインは少し酸味が立ち、フルーティな印象になりつつ、複雑さが増します。

スープには控えめな酸味のあるフルーティさを与えて、少しさっぱりとした印象にしてくれます。

どちらも美味しくいただきました!

トーレデヌニエズ サルシッチョンスライス 「主に穀物を与えて肥育したデュロック豚の原料を使用しました。後味に嫌な苦味などが無く、透き通ったようなデュロック豚の旨味の余韻がお楽しみ頂けるスペイン産サラミです」(成城石井の公式ページより引用こちら 加工者:株式会社コダマ

 

 

ヴィットマンのアイン・フンダート・ヒューゲル・リースリングの基礎情報

・ワイン名:アイン・フンダート・ヒューゲル・リースリング・トロッケン2019

・生産者:ヴィットマン

・生産地:ドイツ>ラインヘッセン

・葡萄品種:リースリング

・原産地呼称等:gU.ラインヘッセン

・気候や土壌:主に石灰質土壌とスレート、白亜質土壌。

・栽培・醸造法等:ビオロジック※(有機農法)、天然酵母。

※コントロフェライン・エコロギッシャー・ランドバウ・エー・ファオ(ドイツ)と、ユーロリーフ(EU) の認証取得。

・抜栓時期:2022.08

・インポーター:エノテカ

・参考価格(ネットショップ):2200円

アイン・フンダート・ヒューゲル・リースリング・トロッケン / ヴィットマン

created by Rinker

 

・購入先:ワイン通販 エノテカ楽天市場店(公式ページ)

エノテカ『アロマティックな白ワイン5本セット』(送料無料。11,000円。2200円/本)で購入。

【期間限定】アロマティックな白ワイン5本セット / エノテカ

created by Rinker

 

エノテカオンラインのおすすめの活用方法のポイントを解説エノテカオンラインを活用して、ワイン・ライフをもっと楽しめるような便利なサービスなどのおすすめポイントや、ワインを少しでもお値打ちに購入するおすすめの方法などを紹介しています。...

 

ドイツワインのリースリング関連のおすすめ記事

今回はヴィットマンのアイン・フンダート・ヒューゲル・リースリング・トロッケンを抜栓しました。多彩で芳しい香りの、上品で優しい甘味の癒されるリースリングでした。

下記は同じくドイツのドライリースリングです。いずれもそれぞれの個性があり、そして、美味しいリースリングです。

 

・ローゼン・リースリング・ドライ2019/ローゼン・ブラザーズ

1800円台~。

白桃、ライチ、ライム、レモン、麦わら、少し緑のハーブ、そして、余韻にラベンダーの香り。

口に含むと、程良い酸味、若干の甘味も感じる。柑橘系果実、白桃、控えめなマスカット、ハーブ、ミネラルなどの味わい。

ローゼン・ブラザーズのお値打ちローゼン・リースリング・ドライローゼン・リースリング・ドライ2019/ローゼン・ブラザーズ。1800円台~。白桃、ライチ、ライム、レモン、麦わら、少し緑のハーブ、そして、余韻にラベンダーの香り。口に含むと、程良い酸味、若干の甘味も感じる。柑橘系果実、白桃、控えめなマスカット、ハーブ、ミネラルなどの味わい。...

 

・マグヌス・リースリング・トロッケン2018/シュタッフェルター・ホフ

2000円位。

フレッシュな白桃などの甘やかで、少し苦味のありそうな独特な香りや爽やかなスパイス。

口に含むと、白桃、トロピカルフルーツ、リンゴ、控えめな柑橘系果実などのフルーツのジューシーさ、ミネラル感が豊富。

ドイツワインのリースリング シュタッフェルターホフのマグヌスドイツ、モーゼルのマグヌス・リースリング・トロッケン2018。シュタッフェルター・ホフ。2000円位。フレッシュな白桃などの甘やかで、少し苦味のありそうな独特な香りや爽やかなスパイス。白桃、トロピカルフルーツ、リンゴ、控えめな柑橘系果実などのフルーツのジューシーさ、ミネラル感が豊富。...

 

・バニー・リースリング・ファルツ2016/ルドルフ・ミュラー

1500円位~。

ライムやレモンなどの爽やかな柑橘系果実、青リンゴ、花の甘いフローラルな香り。

口に含むと、リースリングらしい甘味があり、控えめな酸味にも丸みがある。ミネラリーで、ジューシーなワイン

1000円台ドイツワイン ルドルフ・ミュラーのリースリングバニー・リースリング・ファルツ2016/ルドルフ・ミュラー。1500円位~。ライムやレモンなどの爽やかな柑橘系果実、青リンゴ、花の甘いフローラルな香り。口に含むと、リースリングらしい甘味があり、控えめな酸味にも丸みがある。ミネラリーで、ジューシーなワイン。...

 

ABOUT ME
ワインの探究者ヴァンさん
◆実際に飲んだワイン、及び、料理とのペアリングを紹介。 ◆各ワインの情報を掲載:テイスティングコメント、ワイン名、生産者、生産地、ブドウ品種、栽培・醸造法、原産地呼称、輸入元、購入先、参考価格、合わせた料理など ◆ワインイベントやワインが美味しいお店などのレポートなども掲載 ◆Twitter:日々のワインライフをtweet ◆instagram:ワイン、及び、料理とのペアリングをポストワインセラーのストックは約400本。