ボルドー(白・ロゼ)

1000円台ワイン ロスチャイルドのムートン・カデ・ブラン

夏向きにデイリーの白ワインをまとめ買いをしようと思い立ち、エノテカオンラインでパーティーパック白だけ10本9980円+taxで購入した1本です。

37%オフ、1本あたり税込約1100円となり、お値打ちな買い物となりました。

興味のある方は、下記画像からエノテカオンラインでチェックしてみてください。icon

今回の1本はボルドー・ブランの定番、ロスチャイルドが造るムートン・カデ・ブランです。ロスチャイルドの安定のクオリティ、手の出やすい価格帯のワインです。

また、ムートン・カデ・シリーズは非常に多岐に渡り、様々なワインがリリースされています。

そんなムートン・カデの1本です。

1000円台ワイン ロスチャイルドのムートン・カデ・ブラン2018

ワインの情報は購入先のエノテカオンラインから引用しています。詳細はこちら(エノテカオンラインのページ)

グレープフルーツやレモンなどの果実のアロマと、ハーブや白い花などの上品な香りが立ち上ります。繊細でエレガントな味わいで、柑橘系果実の爽やかな風味と心地良い酸の見事なバランスを奏でる白ワイン。ホタテやマグロのカルパッチョ、カニや海老などの甲殻類と好相性です。

ブドウを手摘みで収穫後、除梗と破砕を行い、低温で発酵前浸漬することで、ブドウの風味をしっかりと引き出します。その後穏やかに圧搾し、プレス時の圧力の違いで果汁を分け、澱引き後に別々に醸造。約18℃の低温で発酵後、タンク内で澱と共に4ヵ月間貯蔵します。定期的にバトナージュ(澱撹拌)を行うことで、よりまろやかで芳醇な風味を奏でるワインに仕上がるのです。

1000円台ワイン 生産者:バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド

生産者の情報はエノテカオンラインから抜粋・要約しています。

バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルドについて 

詳細はこちら(エノテカオンラインのページ)

1855年にパリ万博に際して制定されたメドックの格付け。160年以上の歴史の中でただ唯一、格付け変更が許されたシャトーが、このシャトー・ムートン・ロスチャイルドです。

バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド男爵が残した「われ一級になりぬ、かつて二級なりき、されどムートンは昔も今も変わらず」、という名句はあまりにも有名。「最高を目指すためにあらゆる努力を惜しまない」この姿勢こそがシャトー・ムートン・ロスチャイルドのスタイルとも言えます。

シャトー・ムートン・ロスチャイルドをトップシャトーに押し上げた伝説の人物、バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド男爵は1960年代、その卓越した先見の明によってアメリカ・カリフォルニアに進出。カリフォルニアワイン界の重鎮、ロバート・モンダヴィ氏とタッグを組んで夢のワインを生み出しました。それが「オーパス・ワン」です。

続いて1998年に誕生したワインが「アルマヴィーヴァ」。世界中で最高のカベルネを生む土地を探してようやく見つけたチリの畑で、チリ最大かつ最高のワイナリー、コンチャ・イ・トロ社とのジョイント・ベンチャーにより生まれました。

1930年、ブドウが不作となりシャトー・ムートン・ロスチャイルドを瓶詰めできなかったことから、そのブドウを使ったワイン「ムートン・カデ」が誕生しました。このワインを生み出したのはシャトー・ムートン・ロスチャイルドに大いなる飛躍をもたらした伝説の当主、フィリップ・ド・ロスチャイルド男爵。彼が一族の末っ子(カデ)であったこと、それがムートン直系のワインであるという意味を込めてその名が付けられました。

1000円台ワイン ロスチャイルドのムートン・カデ・ブランの感想

スッキリしたレモンやライムなどの柑橘系果実、爽やかなハーブや白い花、蜂蜜などの香り。全体では清々しい印象を受ける香り。

さすがロスチャイルドというところでしょうか。どの価格帯のワインでも、赤でも白でも美味しい。

セミヨンが30%入っているので、少しソーヴィニヨン・ブランとは異なる香りが加わっているのは理解できますが、表現は私レベルでは難しいです。

清々しすぎて軽いワインになってしまうのを絶妙にバランスを取りながら防いで、いいワインにしているように感じます。

口に含むと、ライムやグレープフルーツなどの柑橘系果実、程良い苦味と微かな甘みを感じる。

苦みはグレープフルーツというよりは、???なんだろう。でもこの苦味は、このワインには深みと飲みごたえを与えていて、美味しいワインにしていると思います。

やっぱり美味しいワイン!

2月にもこのワインは飲んでいますが、7月の梅雨時である現時点と印象が変わるのが面白い。

冬に飲んだ時は柑橘系果実の素晴らしいピュアさが前面に出て、果実味も豊富な印象でした。

しかし、7月は冬よりは複雑で深みがあるように感じます。

いずれにしてもお値打ちで、美味しくてデイリーにピッタリのワインです!

1000円台ワイン ロスチャイルドのムートン・カデ・ブランの基礎情報

・生産地:フランス>ボルドー

・葡萄品種:ソーヴィニヨン・ブラン67%、セミヨン31%、ミュスカデル2%

・参考価格:1500円台~(私はエノテカオンラインでパーティーパック白だけ10本9980円+taxの1本で購入。1本あたり998円+tax)

・原産地呼称等:ACボルドー

・栽培・醸造法:手摘み、澱と共にタンクで4ヶ月熟成

・インポーター:エノテカ

・購入先:エノテカ

icon

エノテカ・オンラインのおすすめの活用方法のポイントを解説

エノテカオンラインを活用して、ワイン・ライフをもっと楽しめるような便利なサービスなどのおすすめポイントや、ワインを少しでもお値打ちに購入するおすすめの方法などを紹介しています。

エノテカ・オンラインのおすすめの活用方法のポイントを解説エノテカオンラインを活用して、ワイン・ライフをもっと楽しめるような便利なサービスなどのおすすめポイントや、ワインを少しでもお値打ちに購入するおすすめの方法などを紹介しています。...

1000円台ワイン ロスチャイルドのムートン・カデ関連のおすすめ記事

ムートン・カデ ソーヴィニヨン・ブラン2017 バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド

1000円台ですが、安定のクオリティ。爽やかな草原と果実の香り。柑橘系果実の酸味、苦味、甘味、旨味、ジューシーな白ワイン。

1000円台ボルドーワイン ムートンカデソーヴィニヨンブランフランス、ボルドーの5大シャトーのバロン・フィリップ・ド・ロスチャイルドが造るムートン・カデ・ソーヴィニヨン・ブラン2017。1000円台ですが、安定のクオリティ。爽やかな草原と果実の香り。柑橘系果実の酸味、苦味、甘味、旨味、ジューシーな白ワイン。...

ムートン・カデ・ロゼ2017 バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド

1000円台。鮮やかなピンク色。ラズベリー、チェリー、ストロベリーなど爽やかな果実、そしてハーブの香り。色、香り、味とも楽しめます!

ロスチャイルドのロゼ(ムートン・カデ)は赤い果実のバスケットロスチャイルドのムートン・カデ・ロゼ2017。シリーズで4種類・5本飲んでいますが、ロゼは初めての経験です。しかも1000円台。鮮やかなピンク色。ラズベリー、チェリー、ストロベリーなど爽やかな果実、そしてハーブの香り。色、香り、味とも楽しめます!...

1000円台ワイン ロスチャイルドのムートン・カデ関連

★ブログランキングに参加中です。よろしければクリックをお願いします!励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ABOUT ME
ワインの探究者ヴァンさん
★週末だけでもいいので、ちょっと美味しいワインを飲みたい!というタイプです。★必然的に家飲みが多めですが、ソムリエ・ソムリエールがサーブするワインバーも大好きです。 ★直近2年程で500種類を飲み、ワインセラーのストックは300本超に。 ★好きなコミック:『神の雫』

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です