ラングドック・ルーション(白・ロゼ)

15年以上のマブダチワイン!ラングドックのラパッション赤白泡

ラングドックのラ・パッション2015について

生産者:ジャン・プラ・セレクション

下記写真は、左:ラ・パッションルージュ、右・下:ビュレ・デュ・パッション・ブリュットNV

ラパッション氏(ワインを擬人化しています)との友人関係は長く、おそらく15年は超えていると思います。

初めの友人は赤さんで、その後、白さんと、わりと最近、泡さんと親密な関係を築いてきました。

・エチケットも素敵!

ワインのエチケットにしては珍しく、キャラクターの人生(生活)の一場面が描かれています。

このエチケットは毎年変わり、彼らの別の一場面が描かれます。このエチケットを気に入ってリピートしている方も多いかもしれません。

毎年、私もついエチケットを見つけて手に取ってしまいます。生産者のお人柄が表れているように感じます。

・旨安ワイン

そして当然、私が15年もリピートしているということは、品質が毎年安定して美味しく、価格もお値打ちで1000円台前半の旨安ワインだからです。

しかも10年以上価格が上がっていない‼ ありがとうマブダチ!

きっとこれからもデイリーワインとしてマブダチ関係を築いていくと思います。

 

生産者のジャン・プラ・セレクションについて

生産者情報はエノテカのページから引用しています。

エノテカオンライン「ラ・パッション・グルナッシュ」のページへのリンクです

ジャン・プラ・セレクションは地中海の陽光が降り注ぐ南フランス、ルーション地方に拠点を置く年間200,000本を輸出するネゴシアン。サスティナブル栽培に力を入れたり景色や環境を保全するなど、この土地の持つ価値を高める活動を始めました。そして、ミネラルの豊富な土壌とドライな気候から生み出されるこの地のワインを広めたいという地元のワイン生産者の為、ネゴシアンとして働いています。
ワインが造られるモーリー地区はスペイン国境に近くにある僅か数10haの小さな産地。黒いミルフィーユのような薄いスレート状の層が重なるシスト土壌から成るため、ブドウの根はそれらの層を縦断するように地中深く伸びていき、鉄分などのミネラルを豊富に吸収。加えて、水はけが非常に良い火山跡地という世界屈指の畑です。もともとは日常的に飲まれる気軽なワイン生産地として知られていましたが、今では最高の気候と素晴らしい土壌にあったグルナッシュなどの品種を栽培・醸造することにより個性が表れたワインを楽しめる産地として世界の醸造家の注目を集めています。

「ラ・パッション」は、ルーション地方モーリー地区の畑で手掛けられるシリーズ。2013年ヴィンテージまでは一房ずつ大切に手摘みされたブドウを小さな協同組合に依頼し日本のために特別に醸造、瓶詰めしていましたが、2014年からは、複数のドメーヌよりブドウを購入し、ジャン・プラ・セレクションのプロデュースにより醸造されています。Real Wine Guideでは、特集「3000円以下の本当においしい赤ワイン」で旨安大賞に選ばれ表紙を飾った他、人気ワイン漫画『神の雫』においても「リーズナブルで人気のワイン」と紹介されています。

 

ラングドックのラ・パッション ワインの感想

ブランについてのコメント

酸味もあり、柑橘系果物のようなの爽やかを持ちながら、洋梨、パッションフルーツなどの南国果実の味わいがしっかりと感じられ、飲みごたえもあります。

葡萄品種のブレンドの妙のおかげと思いますが、南仏の葡萄を使った旨味を表現した非常にバランスが良い美味しいワインです。

やや低めの温度に冷やせばすっきりと飲め、温度を上げるとしっかりと味わいを楽しめると思います。

 

ラングドックのラ・パッション ワインの基礎情報

1 生産地:フランス >ラングドック・ルーション >ルーション

2 葡萄品種:グルナッシュ・ブラン60%、グルナッシュ・グリ34%、ミュスカ6%

3 参考価格:1200円位

4 購入先:エノテカ

お気に入りのラ・パッションの赤・白・泡です。

 

ラングドックのラ・パッションに関連するおすすめ記事

2000円までの白ワイン。ボルドーの美味しいソーヴィニヨンブラン。

このワインもボルドーブランを飲むきっかけとなったワインで、その後もずっとリピートして毎年数本は買っています。

ボルドーブランとソーヴィニヨン・ブランの印象を一変させたワイン「神の雫」には赤ワインが掲載されたシャトー・モン・ペラ・ブラン。このワインを飲み、ソーヴィニヨン・ブランの印象が180度変わり、大ファンになったきっかけの1本です。草原にたたずむような爽やかな香りが漂い、様々な柑橘系の果物、白い花などの香りが多層的に溢れる。...
ABOUT ME
ワインの探究者ヴァンさん
◆実際に飲んだワイン、及び、料理とのペアリングを紹介。 ◆各ワインの情報を掲載:テイスティングコメント、ワイン名、生産者、生産地、ブドウ品種、栽培・醸造法、原産地呼称、輸入元、購入先、参考価格、合わせた料理など ◆ワインイベントやワインが美味しいお店などのレポートなども掲載 ◆Twitter:日々のワインライフをtweet ◆instagram:ワイン、及び、料理とのペアリングをポストワインセラーのストックは約400本。