カタルーニャ州(赤)

スペイン、クロ・モンブランのプロジェクト・クワトロ・ティント

最近、キャンペーンに当選していただいたスペインポークの生ハム等に合わせようと思い、スパークリングを中心に、スペインワインをまとめ買いしました。

今回抜栓したのは、以前からお気に入りのカヴァの生産者であるクロ・モンブランの赤ワインです。

エノテカでスペインのスパークリングワインを物色していると、クロ・モンブランのブランコとティントが販売されているのを発見して、エノテカで販売していたクロ・モンブランのワイン5種類を全て購入してみました(といっても、カヴァ3種類は全てリピートです)

個人的には、美味しいカヴァを造るクロ・モンブランが、赤・白ワインを造るとどうなるのかが、非常に気になって購入したワインです。

そんなワインの感想です。

 

スペイン、クロ・モンブランのプロジェクト・クワトロ・ティント2019

スペインワイン、クロ・モンブランのプロジェクト・クワトロ・ティント2019の情報は輸入元兼購入先のエノテカから抜粋・引用しています。

テンプラニーリョをベースに仕立てる、こだわりの赤ワイン。

ブドウの特徴がきれいに溶け合い、非常に滑らかな口当たり。

ワイルドベリー、カシス、クランベリーの果実や、白コショウ、シナモンなどのスパイスの香り。

テンプラニーリョの滑らかさとカタルーニャの素朴なテロワールが織りなす独特のハーモニーを感じるワインです。

詳しくはこちら(エノテカオンラインのページ)

プロジェクト・クワトロ・ティント / クロ・モンブラン

created by Rinker

 

スペインのプロジェクト・クワトロ・ティントの生産者:クロ・モンブラン

スペインワイン、プロジェクト・クワトロ・ティントの生産者、クロ・モンブランの情報は輸入元兼購入先のエノテカから抜粋・引用しています。

詳細はこちら(エノテカオンラインのページ)

iconピレネー山脈の麓、フランスの国境に近いスペイン東部の州、カタルーニャ。中心地のバルセロナから車で1時間ほどが原産地呼称(D.O)コンカ・デ・バルベラのエリア。

この地のシンボルは、歴史的な城塞都市「モンブラン」。世界遺産「ポブレ修道院」。「クロ・モンブラン」はこうした歴史的建築物のほど近いところに位置する。ちなみにクロ・モンブランのロゴは、この城塞都市をイラストにしたもの。

カルボネル氏が所有・運営するボデガ(醸造所)は 「誰でも手を伸ばせて、しかもとびきり美味しいワインを」 がワイン造りの信念。

カルボネル氏の意向から、クロ・モンブランではクオリティの高いワインが驚くほどリーズナブルな価格で供給されている。かといって薄利多売=大量生産するわけではない。近年現地で、また海外で人気が高まってきているが、現在も目の行き届く範囲での丁寧なワイン造りを続けている、“カタルーニャの良心”ともいうべき愛すべきボデガです。

 

スペイン、クロ・モンブランのプロジェクト・クワトロ・ティントの感想

中心部が僅かに透き通る濃厚なワインレッド。表面やエッジは明るい色で、フレッシュな赤い果実を思い浮かべる。

カシスやカシスのジャム、生肉、白胡椒などのスパイス、黒系ベリー、赤い果実、クレームドカシス、バニラなどの香り。

香りは豊富でグラスから溢れている。

フレッシュ感とジャムのような果実の香りがあり、やや肉厚な印象ですが、爽やかさも感じます。

 

口に含むと、控えめに酸味があり、甘やかさを感じます。豊富なタン二ンは繊細ですが、渋味が少しあり、若干気になるかもしれない。

ワインの透明度からすると、意外にタンニンが豊富です。しかし、タンニンは繊細です。

ややフレッシュなカシスやブラックベリーなどの黒系果実、スパイス、少しリコリスや煮詰めた果実、控えめに、クレームドカシス、ココア、バニラなどの味わい。

黒系果実を中心とした味わいです。黒系果実はややフレッシュ感があったり、少し煮詰めた感もあったりと、様々な側面を感じます。

そして、まろやかな甘やかさを少し感じます。

浮足立たないフルーティさ、まろやかな甘やかさ、親しみやすい濃厚さがある美味しいスペイン赤ワインです!

 

抜栓1時間後、角が取れて、バニラやクレームドカシスのような、まろやかで甘やかな印象の味わいがより出て来ているように感じます。

もちろんフルーティさもありますが、フレッシュ感よりもまろやかさが前面に出ているイメージです。

料理に合わせてなら、抜栓直後の方がフレッシュ感があり良いのではないかと思います。

じっくりとワインを味わうなら、抜栓1時間後の方が、断然美味しく感じます。

 

クロ・モンブランのプロジェクト・クワトロ・ティントのアッサンブラージュは、テンプラニーリョとカベルネソーヴィニヨンです。

確かにテンプラニーリョらしさとカベルネソーヴィニヨンらしさの両方を感じます。

しっかりとしたボディの濃厚さはカベルネ・ソーヴィニヨンが影響していることは良く分かります。

もちろんテンプラニーリョのみの赤ワインで、濃厚で甘やかさを持つワインにも出会ったことがあります。

しかし、プロジェクト・クワトロ・ティントは少し硬派な側面を持っている印象を受けます。この辺りはカベルネ・ソーヴィニヨンが引き締めているんだろうと思います。

そして、全体ではテンプラニーリョが親しみやすい濃厚さで、甘やかな赤ワインにしてくれています。

その結果、濃厚ではありますが、軽やかに飲ませてくれるイメージです。

がっちりし過ぎず、親しみやすい赤ワインです。

 

今回は購入した翌月に抜栓しています。

タンニンが豊富で少し渋味もあるので、もう少し寝かせた方がより良いのか?ですが、今回飲んでみて、若飲みすることで感じる果実味の良さが出ていると感じました。

2019vtが2022年リリースだと思いますので、蔵元で充分に熟成させてからのリリースという点も、購入後すぐに抜栓しても美味しくいただけます。

2,3年熟成させる分には何の問題もないと思います。

寝かせることで、タンニンがこなれて、よりマイルドで好ましくなると想像します。

しかし、その分、徐々に果実味が控えめになってしまう可能性も高く、あまり長い期間の熟成は控えておいた方が、美味しくいただけそうな予想です。

但し、タンニンは豊富ですので、よりマイルドで甘やかな美味しいワインになる予感も捨てきれませんが…。

また、今回のように抜栓1時間も経つと、タンニンはかなりこなれます。

早めに抜栓して、抜栓1時間後から飲むとか、抜栓直後からでも、じっくりと時間をかけて飲むならば、購入後すぐでも非常に美味しく飲めます。

念のため、個人的にはタンニンは少し気になる程度です。

 

初めてクロ・モンブランの赤ワインであるプロジェクト・クワトロ・ティントを飲みましたが、非常に美味しく、変化も楽しめるワインでした。

テンプラニーリョとカベルネ・ソーヴィニヨンのブレンドの赤ワインをクロ・モンブランのクオリティで、約2000円で存分に楽しめます。

カヴァも約2000円前後で安定のクオリティの非常に美味しいワインですが、赤ワインも同様でした。

おすすめのスペイン赤ワインです!

プロジェクト・クワトロ・ティント / クロ・モンブラン

created by Rinker

 

スペイン、クロ・モンブランのプロジェクト・クワトロ・ティントに合わせた料理など

・スペインポーク3種の前菜:エスプーニャ ハモンセラーノ、トーレデヌニエズ サルシッチョンスライス、トーレデヌニエズ チョリソスライス。

 

エスプーニャ ハモンセラーノ:ワインと合わせると、黒系ベリーのフルーティさを感じ、次に生ハムの旨味が現れます。

それぞれの風味は共存できていて、共に美味しく味わえます。

間違いのないペアリングです!

 

トーレデヌニエズ サルシッチョンスライス:ワインと合わせると、ワインはココアっぽさが少し強くなり、フルーティさはあるものの少し控えめなり、少しタンニンがこなれたかもしれない印象です。

サルシッチョンの味わいは感じられるものの、少し控えめになったかもしれない。

ワインはこなれる印象で良いと思います。

フルーティさ少し抑えられるので、ここは好みで別々に口に含むのも一考です。

ペアリングとしては問題なく、良いと思います。

 

・トーレデヌニエズ チョリソスライス:チョリソとしっかりめの赤ワインとのペアリングを試してみたく、今回、クロ・モンブランのプロジェクト・クワトロ・ティントと合わせてみました。

ワインと合わせると、チョリソの風味は少しマイルドになりつつ、その後ろでワインの黒系果実を感じます。

チョリソが主役ですが、ワインは重要な脇役を演じてくれます。

チョリソとの組み合わせは、非常に良いのではないかと思います。

但し、ワインは存在感のある脇役になりますので、ワインをじっくりと楽しむなら、別々に口に含む方がより味わえると思います。

 

今回はスペインポーク3種と、スペイン赤ワインであるプロジェクト・クワトロ・ティントと合わせてみました。

相性が悪いものはなく、いずれも予想以上に良いペアリングでした。

3種ともワインと合わせると、異なるペアリングをして楽しめる上、いずれも美味しいです。

それにしても、このスペインポークをおつまみにワインを飲むと、ワインが非常に進みます。

良いペアリングの証拠ですね。

 

エスプーニャ ハモンセラーノ 「スペイン北東部カタルーニャにあるオロット村で12ヶ月熟成された白豚の生ハムです 」(協同インターナショナルの公式ページ内、エスプーニャのブランドページより引用。こちら) ・輸入元:ラクトジャパン
・販売者:協同インターナショナル
トーレデヌニエズ サルシッチョンスライス 「主に穀物を与えて肥育したデュロック豚の原料を使用しました。後味に嫌な苦味などが無く、透き通ったようなデュロック豚の旨味の余韻がお楽しみ頂けるスペイン産サラミです」(成城石井の公式ページより引用こちら 加工者:株式会社コダマ
トーレデヌニエズ チョリソスライス 「後味に嫌な苦みなどが無く、透き通ったようなデュロック豚の旨味の余韻がお楽しみ頂けるスペイン産サラミです。ニンニクと赤パプリカの味わいがお楽しみ頂けます」(成城石井の公式ページより引用。こちら) 加工者:株式会社コダマ
トーレデヌニエズ サルシッチョンスライス

created by Rinker

 

※INTERPORC Japanが実施していた真夏のプレゼントキャンペーンに当選していただきました。

INTERPORC Japanとは スペイン貿易投資庁とスペイン白豚生産加工者協会、スペイン大使館経済商務部によるスペインポークプロモーションの公式アカウント。
URL https://spanishpork.jp/find/
Instagram @spanishporkjapan
twitter @spanishpork

 

ミートデリNicklaus‘ 

 

スペイン、クロ・モンブランのプロジェクト・クワトロ・ティントの基礎情報

・ワイン名:プロジェクト・クワトロ・ティント2019

・生産者:クロ・モンブラン

・生産地:スペイン>カタルーニャ州

・葡萄品種:テンプラニーリョ、カベルネソーヴィニヨン

・原産地呼称等:DO.カタルーニャ

・抜栓時期:2022.9.

・インポーター:エノテカ

・参考価格(ネットショップ):2000円位

プロジェクト・クワトロ・ティント / クロ・モンブラン

created by Rinker

 

・購入先:エノテカオンライン(公式ページはこちら

エノテカオンラインのクラブエノテカプレミアム(VISAカード)の特典であるケースオーダー15%割引(6本)で、1600円台で購入。

エノテカオンラインのおすすめの活用方法のポイントを解説エノテカオンラインを活用して、ワイン・ライフをもっと楽しめるような便利なサービスなどのおすすめポイントや、ワインを少しでもお値打ちに購入するおすすめの方法などを紹介しています。...

 

スペイン、クロ・モンブランのワイン関連のおすすめ記事

今回はクロ・モンブランのプロジェクト・クワトロ・ティント2019を抜栓しました。

浮足立たないフルーティさ、まろやかな甘やかさ、親しみやすい濃厚さがある美味しいスペインの赤ワインした。

下記は同じくクロ・モンブランの、プロジェクト・クワトロ・カヴァ・ロゼです。このロゼ・スパークリングも非常にお気に入りです!

 

・プロジェクト・クワトロ・カヴァ・ロゼ/クロ・モンブラン

1500円台~。

柑橘系果実、ストロベリー、ハーブなどの香り。柑橘類のスッキリとドライな香りに、ストロベリーが優しさを加えてくれています。

口に含むと、酸味が控えめなストロベリーやフランボワーズなどの赤いベリー系果実のチャーミングさがあり、僅かな甘味も感じます。

スパークリング・ロゼのおすすめ クワトロ・カヴァ・ロゼプロジェクト・クワトロ・カヴァ・ロゼ/クロ・モンブラン。1500円台~。柑橘系果実、ストロベリー、ハーブなどの香り。柑橘類のスッキリとドライな香りに、ストロベリーが優しさを加えてくれています。口に含むと、酸味が控えめなストロベリーやフランボワーズなどの赤いベリー系果実のチャーミングさがあり、僅かな甘味も感じます。...

 

ABOUT ME
ワインの探究者ヴァンさん
◆実際に飲んだワイン、及び、料理とのペアリングを紹介。 ◆各ワインの情報を掲載:テイスティングコメント、ワイン名、生産者、生産地、ブドウ品種、栽培・醸造法、原産地呼称、輸入元、購入先、参考価格、合わせた料理など ◆ワインイベントやワインが美味しいお店などのレポートなども掲載 ◆Twitter:日々のワインライフをtweet ◆instagram:ワイン、及び、料理とのペアリングをポストワインセラーのストックは約400本。