ピノノワールのおすすめワイン 価格帯・地域別の厳選5本

画像は記事へのリンクです。

ジゴンダス(赤)

サンタデュックのジゴンダス(ローヌワイン)の奥深い古酒

サンタデュックのローヌのジゴンダスについて

ジゴンダス2008について

私とこの生産者との関係もかなり長く10年は超えていると思います。初めて飲んだこの生産者のワインは、コミック「神の雫」に登場した「エリタージュ」だと思います。エリタージュは今でも買って飲んでいますが、エリタージュも非常に美味しいワインです。このジゴンダスと味わいの共通点もたくさんあります。しかも1000円程度です。そんな経緯があり、このドメーヌのワインが売っていると必ず目が一度は止まります。

話変わって、シラーやグルナッシュという品種を使ったローヌの凝縮感のあるワインは、若いものは良く販売していて飲むことも多いのですが、古酒となると見かけることが極端に減り、飲む機会も今まで数えるほどしかありませんでした。しかし、ローヌの凝縮感のあるワインが熟成を重ねて古酒となればきっと美味しいに違いないと思う方は私以外にも結構おられるのではないかと思います。そんな風に日ごろ思っている私の前に、ワインショップでたまたま10年超の2008ヴィンテージのジゴンダスが現れた訳です。記念日ということで妻に買ってもらい、セラーで数カ月寝かせて澱を落ち着かせてから抜栓しました。味わいは、テイスティングコメントをご参照ください。

生産者のドメーヌ・サンタ・デュックについて

ところで、この生産者のドメーヌ・サンタ・デュックは実は凄い生産者です。そんな凄い生産者なのに、1000円台の美味しいエリタージュもリリースしてくださり感謝に堪えません。以下は、パーカーズ・バイヤーズガイド(第5版)からの一部抜粋です。第5版では、最高評価5つ星の「傑出」した生産者とし、「おろらくジゴンダスのトップドメーヌである」と記載しています。昔のヴィンテージですが、べた褒めです。

(略)私の見るところでは、イヴ・グラはジゴンダス随一のスーパースターである。1995年のヴィンテージは、サンタ・デュックにとってまぎれもなく大成功であった。もう瓶詰めされたワインは、樽のときよりもさらに強力で豊かである。

極上の1995年のジゴンダス・キュベ・クラシックは、濃い紫色をしていて、カシス、キルシュ、タール、煙のセンセーションナルな香りがある。弾けるような熟し具合と豊かさが口の中を刺激し、オーク香は微塵も感じられない。

フルボディで、甘美に凝縮した、元気さと輝かしさのあるこの模範的なジゴンダスは、10~12年間はおいしく飲めるはずだ。荘厳な1995年のジゴンダス・レ・ゾー・キュヴェ・プレスティージュは、偉大なヴィンテージにのみつくられる特別はワインで、アルコール度が10%台半ばにまで達する精力的なジゴンダスである。

光を通さないほど濃い紫色で、砕いたミネラル、ブラックラズベリー、ブラックベリー、ヴァニリンの呆然とするような香りを発する。その膨大なエキス分、すばらしい凝縮感、堂々たる豊かさにもかかわらず、このワインは甘いタンニンときつい酸によって見事にバランスがとれている。粘りけと豊さを考えると、今まで私が試飲したなかでも最も優れたジゴンダスの6本のうちのひとつに数えられよう。(略)

引用中のイヴ・グラは現当主(5代目)です。

この書籍で紹介しているワインも私が飲んだものとは異なりますが、私が飲んだワインの印象と重なる面も多々あり、ずっと先の延長線上のワインであるのはなんとなく感じます。本当にワインは面白いと思います。それにしても美味しそうですよね。

サンタデュックのローヌのジゴンダス ワインの感想

素晴らしい熟成香があります。抜栓直後は少しすましたような酸味のある甘酸っぱい香りが、時間とともに酸味がとれて甘い果実の香りに変わります。さらに、芳しい花の香り、トリュフ、トースト、胡椒などのスパイス、ハーブなどの香りがさらに彩りを添えていきます。口に含むと、凝縮感のある甘い果実、黒胡椒や甘いスパイス。タンニンはこなれて非常に滑らかで、少し透明感のある味わいもあり、ジューシーな果実を感じます。

2008のローヌ地方は、一般的にはあまり葡萄のできは良い年とは言われていないようです。そのため、少しピークアウトしているのかもしれないと感じる雰囲気がありました。しかし、これ程多様な側面を見せてくれれば、仮にピークを越えていたとしても、その方が逆に透明感のような一面が出てよかったのかもしれないと感じました。もともとこのワインはタンニンも豊富で、果実の凄い凝縮感を持つワインですので、ピークを越えたことでみずみずしさの1面を感じたのかもしれません。

若いワインも素晴らしいし、熟成のピークも最高ですが、さらに少しこなれたワインも非常に素晴らしいです。本当にワインは楽しませてくれると思います。

サンタデュックのローヌのジゴンダス ワインの基礎情報

1 生産地:フランス >コート・デュ・ローヌ >ジゴンダス

2 葡萄品種:グルナッシュ、シラー、ムールベードル、サンソー

3 参考価格:6000円台

4 購入先: コート・ドールおもろまち店

5 栽培法: オーガニック

6 原産地呼称: ジゴンダス

7 ショップのリンク:

同じ生産者のジゴンダスの別ラインです。次はこれを飲んでみたいです!

10年以上前から飲んでいるエリタージュです。なんとサンタデュックが1000円程度で買えます。素晴らしい香り、濃厚でジューシーな果実の旨味を感じることができると思います。このワインも超お勧めです!このエリタージュの延長線上に、私の飲んだジゴンダスはあると感じます。

サンタデュックのローヌのジゴンダスに関連するおすすめ記事

ローヌの赤ワインです。いずれも美味しかったワインです。

・コート・デュ・ローヌ・ルージュ2014 ギガル

初めてのギガルにはぴったりの千円台。コート・デュ・ローヌフランスのコート・デュ・ローヌのギガルが造る1000円台のコート・デュ・ローヌ・ルージュ2014。北ローヌのアペラシオンを多数擁し、リュットレゾネ、自家製樽の使用などこだわり抜いたワイン造りを実践しています。スパイシーで果実味豊かな美味しいワインです。...

・コート・デュ・ローヌ・レ・ザンティマーニュ2016 ドメーヌ・デ・エスカラヴェイユ

減農薬と低収量栽培による滑らかでエネルギッシュなローヌワインコート・デュ・ローヌ・レ・ザンティマーニュ2016、生産者:ドメーヌ・デ・エスカラヴェイユ。ワインアオドヴォケイト91点。減農薬と低収量栽培の実践で葡萄のポテンシャルが高いく、ジビエに合いそうな濃厚で魅力的な味と香り!味の変化も楽しめます。...

サンタデュックのローヌのジゴンダスに関連するおすすめワイン

★ブログランキングに参加中です。参考になりましたらクリックをお願いします!

ABOUT ME
ワインの探究者ヴァンさん
★週末だけでもいいので、ちょっと美味しいワインを飲みたい!というタイプです。★必然的に家飲みが多めですが、ソムリエ・ソムリエールがサーブするワインバーも大好きです。 ★直近2年程で500種類を飲み、ワインセラーのストックは300本超に。 ★好きなコミック:『神の雫』

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください