ヴェネト州(赤)

ヴェネト州、マァジのボナコスタ・ヴァルポリチェッラ・クラシコ

今回のワインは過去に飲んで美味しかった2000円前後のイタリアワインをリピートしようと思い、まとめ買いした内の1本です。

抜栓したのはヴェネト州のマァジというワイナリーのヴァルポリチェッラ・クラシコです。

以前、イタリアンのお店でマァジのアマローネを飲み、非常に美味しかったので、今回はお値打ち価格のヴァルポリチェッラ・クラシコを購入してみました。

そんなワインの感想です。

 

ヴェネト州、マァジのボナコスタ・ヴァルポリチェッラ・クラシコ2019

冒頭でも書きましたが、マァジのアマローネは以前から気になっていて、イタリアンレストランでワインリストにあるのを見つけてオーダーしました。そのアマローネ、コスタセラ・アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ・クラシコが非常に美味しかったです。

それ以来のマァジのファンです。

そんな経験から、今回はデイリーワインとしての価格で買える2200円位でヴァルポリチェッラ・クラシコが売っていたので、購入してみました。

マァジはヴァルポリチェッラ・クラシコもアマローネも複数種類リリースしているので、気になるワインがたくさんあるワイナリーです。

マァジのボナコスタ・ヴァルポリチェッラ・クラシコの情報は購入先のフェリシティーから抜粋・引用しています。

生き生きとしてやや深みのあるルビーレッド。
熟したチェリーやプラムを思わせる熟した果物の香りが心地よく、しっかりとした構成がありながら、フレッシュ感のあるバランスのとれた味わい。

詳しくはこちら(フェリシティー(楽天市場)のページ)

ヴェネト州のボナコスタ・ヴァルポリチェッラ・クラシコ 生産者:マァジ

マァジは5種類のアマローネや複数種類のヴァルポリチェッラをリリースしており、まさにヴェネト州の伝統ワインの旗手と言えるワイナリーです。

また、アマローネの製法であるアパッチメント製法※を白ワインやスパークリングワインにも世界で初めて使用したワイナリーでもあるとのことです。

※アパッチメント製法:竹製の棚でブドウを乾燥させる方法で、ワインのアロマや味わいを濃密にするヴェネト州の伝統的な製法。

伝統と革新のヴェネト州のワイナリーと言えそうです。

また、トスカーナ州やアルゼンチンなどでもワイン造りを展開しています。

ボナコスタ・ヴァルポリチェッラ・クラシコの生産者:マァジの情報は輸入元の日欧商事から抜粋・引用しています。

詳しくはこちら(日欧商事のページ)

マァジ社はアマローネの故郷ヴァルポリチェッラ・クラッシカに位置するワイナリーで、ワイン造りの専門家および革新者であることは世界的に有名で、現在ではその技術をヴェネト地方以外の地域、トスカーナやアルゼンチンなどでも展開しています。

マァジ社は、未来のために、すべてのアクティビティにおいて社会的、道徳的、そして、環境価値をベースにしています。環境に対する配慮と敬意は、マァジ社のカルチャーであり、哲学であります。ブドウ栽培から醸造、パッケージングに至るまで、サスティナブルなものづくりを行っています。

ヴェネト州、マァジのボナコスタ・ヴァルポリチェッラ・クラシコの感想

グラスに注ぐと、一見濃厚だが、光があたると、中心以外は辛うじて透き通る。透明感と艶があり、非常に美しい少し赤みがかった黒い果実のような色あい。

チェリーやカシスなどの熟れた果実、爽やかなスパイス、カシスリキュール、甘やかな花やスミレの花、涼やかな森林などの香り。

非常に果実感があり、熱気を感じるような力強さも持つ香りながら、涼やかでもある香りです。涼やかさについては、京都でよく買う竹や竹林をモチーフにした御香を思い出す。

嵐山の竹林を散歩しているような涼やかさがあると共に、熟れた果実感もあり、カシスリキュールの少しツンとしたような雰囲気もある。

やや暑い地域の力強さを持ちつつも、涼しげな装いと言ったところでしょうか。

口に含むと、少しだけ酸味があり、タンニンはそれなりにあるが渋味は少しのみ。甘味はほとんど感じない。

やや熟れたカシス、プラム、チェリー、木苺などの様々な果実、スパイス、森の下生え、少しカシスリキュール、土などの味わい。

果実味は豊富ですが、印象においては果実果実しているわけでもない。酸味が強いわけでもないのですが、背筋を伸ばして、凛とした佇まいをイメージさせる。艶があると言うべきか、凛としたと言うのが、ぴったりきます。

よく味わいうと、やはりジューシーな印象です。あまり味わったことのない印象の果実感やジューシーさです。

カシスリキュールっぽいさもあるかもしれない。そこに、土っぽさや下生えなど少し落ち着きのある風味が加わり、独特な果実感と相まって、独自の美味しさを感じます。

ワインって本当に不思議です。

結局、6,7時間かけてだらだらと1人で飲み切りました。

それだけ飲み飽きせず、美味しくいただけます。また、意外にも?フードフレンドリーでした。具体的には次項に記載。

やはり美味しいワインでした。

このマージというワイナリーはアマローネも美味しかったのですが、今回のヴァルポリチェッラ・クラシコはそのアマローネを全くイメージさせない独自の美味しさを感じました。

マァジのヴァルポリチェッラ・クラシコは、アマローネに続き、お気に入りのワインとなりました!

 

マァジのボナコスタ・ヴァルポリチェッラ・クラシコに合わせた料理

・ツナ・コーン・ブロッコリーのマカロニグラタン:ツナ、コーン、ブロッコリーとシェフ特製ホワイトソースにマカロニの定番のグラタン。

・パテ・ド・カンパーニュ(鶏と豚のテリーヌ):鶏レバーや豚ミンチや鴨肉、イベリコベーコンを使ったの俺のオススメお肉のテリーヌ。

by俺のフレンチ・イタリアン心斎橋店(大阪市中央区)からデリバリー。

あの「俺のイタリアン」「俺のフレンチ」がご自宅で食べられる【俺のEC】

・グラタンは思った以上にホワイトソースとツナが合います。ホワイトソースがややアッサリめのため、ツナらしい味わいは消えずに、上手くまとまっています。濃すぎず、しかしコクもあり美味しいです。さすがシェフ特製ソース。

ワインとのペアリングは、グラタンのツナの味わいがしっかりしているので、どうかなと思いましたが、ワインと問題なく合います。ワインは少し酸味が出て、果実のフレッシュ感がアップする印象で、よりジューシーに感じて美味しいです。

パテ・ド・カンパーニュはパテの肉の旨味は消えることなく、ワインにまろやかさを与えてくれます。ワインの凛とした印象は消えて、あっさりしたワインの方向に変化したかもしれません。パテにワインが寄り添っていく印象です。但し、もちろんワインも美味しいです!

前面に出るのはパテの味わいです。グラタンの時はワインと対等の印象でしたが、その点異なります。でもワインもパテもグラタンも美味しくいただけます。

 

最近良く思いますが、ワインは食事に合わせると、その料理を引き立てる部分が強調され、寄り添ってくれることが多いです。

もちろん合わないケースもあるのですが、合わないかな?と心配したケースの大半は上手く合わない部分を消し合ったり、馴染んだり、少し変化をしたり、結果として美味しくいただけることが多いです。

今回のグラタンの場合は、ワインだけの時よりも酸味がやや強くなり、その方が果実味が出て、料理により合いました。パテの場合は、まろやかさが出て、控えめになり、料理の後ろに少し下がって料理を引き立ててくれました。

ワインが世界的に飲まれており、広まっていく理由が分かるようでな気がしました。今回もワインも料理も美味しくいただきました!

 

ミートデリNicklaus‘ 

 

ヴェネト州、マァジのボナコスタ・ヴァルポリチェッラ・クラシコの基礎情報

・ワイン名:ボナコスタ・ヴァルポリチェッラ・クラシコ2019

・生産者:マァジ

・生産地:イタリア>ヴェネト州>ヴァルポリチェッラ・クラシコ地区

・葡萄品種:コルヴィーナ70%、ロンディネッラ25%、モリナーラ5%

・原産地呼称等:DOCヴァルポリチェッラ・クラシコ

・栽培方法等:コルヴィーナの20%をアリエ産とスラヴォニエ産のオーク樽のバリック(小樽)で6ヶ月熟成。ブドウ栽培、醸造、パッケージングに至るまでサスティナブルなモノ作りを行っている。

・インポーター:日欧商事

・参考価格(ネットショップ):2200円台~

 

・購入先:酒類の総合専門店 フェリシティー(楽天市場)

2288円で購入。

ヴェネト州のヴァルポリチェッラ・クラシコ関連のおすすめ記事

今回はヴェネト州のワイナリー、マァジのボナコスタ・ヴァルポリチェッラ・クラシコを美味しくいただきました。

そこで、同じくヴェネト州のお気に入りのワイナリーのアレグリーニから、ヴァルポリチェッラ・クラシコ、アマローネ、パラッツォ・デッラ・トーレのワインの感想です。

 

ヴァルポリチェッラ2017/アレグリーニ

2000円台~。アマローネと同じコルヴィーナ・ヴェロネーゼというブドウ品種が主体。果実の凝縮感とフレッシュさを併せ持つ、飲みごたえと飲みやすさを共存させたワインでした。

アレグリーニのヴェネト州の赤ワインを2000円台で味わう!イタリア・ヴェネト州のヴァルポリチェッラ2017/アレグリーニ。2000円台~。アマローネと同じコルヴィーナ・ヴェロネーゼというブドウ品種が主体。赤系果実、スパイスやバーブの香り。華やかな赤系果実と、フレッシュな黒系果実の濃密な味わいと、スパイスなどの複雑さ。...

 

アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ・クラシコ2010/アレグリーニ

8000円台~。手間暇をかけた独特な製法と長期の熟成により実現する、妖艶な香りと魅惑的な味わいの、独創的な非常に素晴らしいワインです。1度はぜひ飲んでいただきたいワインの1つです。

イタリアワインの中で一度は飲むべきアレグリーニのアマローネ!イタリア・ヴェネト州のアレグリーニのアマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ・クラシコ2010。8000円台~。手間暇をかけた独特な製法と長期の熟成により実現する、妖艶な香りと魅惑的な味わいの、独創的な非常に素晴らしいワインです。1度はぜひ飲んでいただきたいワインの1つです。...

 

パラッツォ・デッラ・トーレ2015

3000円台。イタリアのワインの中でも独特な製法のアマローネの片鱗を感じることができるワインです。葡萄品種やリパッソ製法(二重発酵)などアマローネとの共通項も多く、アマローネが飲みたくなる美味しいワインです。

アレグリーニおすすめワイン パラッツォ・デッラ・トーレアレグリーニのパラッツォ・デッラ・トーレ2015。3000円台。イタリアのワインの中でも独特な製法のアマローネの片鱗を感じることができるワインです。葡萄品種やリパッソ製法(二重発酵)などアマローネとの共通項も多く、アマローネが飲みたくなる美味しいワインです。...

 

★ブログランキングに参加中です。よろしければクリックをお願いします!励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村員夫

ABOUT ME
ワインの探究者ヴァンさん
◆実際に飲んだワイン、及び、料理とのペアリングを紹介。 ◆各ワインの情報を掲載:テイスティングコメント、ワイン名、生産者、生産地、ブドウ品種、栽培・醸造法、原産地呼称、輸入元、購入先、参考価格、合わせた料理など ◆ワインイベントやワインが美味しいお店などのレポートなども掲載 ◆Twitter:日々のワインライフをtweet ◆instagram:ワイン、及び、料理とのペアリングをポストワインセラーのストックは約400本。