カスティーリャ・イ・レオン(白・ロゼ)

スペインのトーレスは外れがないなぁ。暑い夏にもピッタリのワイン

トーレスの外れないワイン 土着品種のヴェルデオについて

ヴェルデオ2015について

6月入ったばかりにもかからず、あまりにも暑いので、すっきりしそうな白ワインからチョイス。このワインはルエダという地区で造られていますが、スペインの内陸部に位置し、一日の寒暖の差が激しい大陸性気候の地域とのことです。そのため、すっきりした味わいとなっているのかもしれません。(スペインは、西側の海洋性気候、南から東にかけての地中海性気候もあり、地域によってかなりワインの個性は異なりますね)

生産者のトーレスについて

トーレスはスペインでは140年以上も続く名門で、ワイナリーのトーレス、ジャン・レオンを所有している。そして、スペイン全土でワインを造っているだけでなく、アメリカではマリマー・エステート、チリでは、ミゲル・トレース・チリというワイナリーを所有し優れたワインを造っています。

エノテカオンライン「トーレス」のページ

最近、マリマー・エステートの単独所有畑(ドン・ミゲル・ヴィンヤード)のピノ・ノワールとシャルドネ(生産地:カリフォルニア>ソノマ>ロシアン・リバー・ヴァレー)を購入してセラーインしました。楽しみです。

ちなみに、トーレスのジャン・レオン(カタルーニャ州)もカベルネ・ソーヴィニヨン、メルローなど購入しています。何より上記写真のエノテカ大阪店(食べログ)で行われたトーレスイベントで一番美味しかった赤ワイン「ヴィーニャ・ラ・スカラ・カベルネ・ソーヴィニヨン・グラン・レゼルバ2011」をセラーから出して抜栓する時を楽しみしています。香りも味も素晴らしかったです。

という訳でピクニックに持参したサングレ・デ・トロこのブログの他の記事)から、高価なカベソーまで結構なトーレスファンです。

トーレスの外れないワイン 土着品種のヴェルデオ の感想

すっきりとした飲み口で、柑橘系の味わい。ただ、背後に南国系果実のようなまったりした要素が見え隠れして、単なる爽やかすっきり系とは異なる。味わうことに集中すると、いろんな要素を感じさせる複雑さがあり、美味しく楽しめます。もっとすっきりがいい場合は、冷蔵庫の野菜室から、または、セラーから出してすぐに飲んでもいいと思います。

ヴェルデォホ100%です。土着品種だろうと思いますが、美味しい知らない品種はまだまだたくさんあり、ワインの世界は広いなぁと感じます。

トーレスの外れないワイン 土着品種のヴェルデオの基礎情報

1 生産地:スペイン > カスティーリャ イ レオン州 > ルエダ

2 ヴィンテージ:2015

3 生産者:トーレス

4 葡萄品種:ヴェルディホ100%

5 参考価格:1000円台

6 購入先:エノテカ

トーレスの外れないワイン 土着品種のヴェルデオ関連のおすすめ記事

トーレスのお気に入りのヴィーニャ・エスメラルダ!

「エメラルドのワイン」と言う名のスペイン白ワインbyトーレススペイン、カタルーニャ州のヴィーニャ・エスメラルダ2018。生産者トーレスです。マスカットの1種のマスカテルとアロマティックなゲベルツトラミネールの競演による非常にアロマテックで、エキゾチックなワインに仕上がっています。1000円台はお値打ちでした。...

トーレスの定番、サン・グレ・デ・トロ!

スペインのトーレスはやはり美味しかった!ピクニックにピッタリトーレスのサングレ・デ・トロ2016&2017。ピクニックにサンドイッチと共に持参して気軽に飲むにはぴったりのワインです。気負うことなく飲めるワインもいいと思います。1000円台ですが、クオリティも高く、お勧めのワインです。...

トーレスの外れないワイン 土着品種のヴェルデオ関連のおすすめワイン

コメント2 暑い夏向きのトーレスのワインに

トーレス自体は、私の中ではスペインの優良生産者です。トーレスの複数の種類のワインを飲んでいますが、お値打ち価格からプレミアムものまで、赤も白も外れがなく、価格とともに美味しさが増す印象です。

※写真:トーレスのイベントに参加した際のものです。

★ブログランキングに参加中です。参考になりましたらクリックをお願いします!

ABOUT ME
ワインの探究者ヴァンさん
★週末だけでもいいので、ちょっと美味しいワインを飲みたい!というタイプです。★必然的に家飲みが多めですが、ソムリエ・ソムリエールがサーブするワインバーも大好きです。 ★直近2年程で500種類を飲み、ワインセラーのストックは300本超に。 ★好きなコミック:『神の雫』

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です