山梨県(白・ロゼ)

シャトー・メルシャンの玉緒甲州きいろ香 和柑橘的日本ワイン

今回は以前から気になっていたシャトー・メルシャンの甲州きいろ香の1つ、玉緒甲州きいろ香を抜栓しました。

甲州特有の香りがあることが発見された旨の情報を知って、ずっと香りや味わいを試してみたいと思っていたワインです。

そして、入手は容易なんですが、タイミングがなかなか合わず、やっと飲むことができたという感慨深いワインです。

そんなワインの感想です。

 

シャトー・メルシャンの玉緒甲州きいろ香2018

以前、ボルドーの大学との共同研究で甲州特有の香りが発見されたといった内容の記事を読んで以来、ずっと気になっていたのが、シャトー・メルシャンの甲州きいろ香です。

甲州特有の香りを引き出したワインが甲州きいろ香という名前がついているようです。

今回は甲州きいろ香の中でも、山梨県甲府市の玉緒地区で収穫されたブドウを使ったワインということで、玉緒甲州きいろ香という名称がついています。

よりテロワールを反映させたワインにもなっていそうですので、ますます期待値が膨らむワインです。

シャトー・メルシャンの玉緒甲州きいろ香 和柑橘的日本ワインの情報は購入先のフェリシティーから抜粋・引用しています。

2018vt

淡い黄色。若干のピール感を伴うライムやグレープフルーツなどの柑橘と共に、かぼす、すだちのような和柑橘を連想させるさわやかな香りも感じ取れます。
味わいには、吟醸香にも似た清涼感溢れる香りが全体を包み込みます。
後味には、グリルした燻製香リンゴ酸由来の爽やかな酸味、しっかりとしたミネラル感、微かなガスを感じ、すっきりとまとまります。

日本固有のワイン用ブドウ『甲州』の隠れた香りのポテンシャルを、ワインの香りの世界的権威であるボルドー大学デュブルデュー研究室とのプロジェクトにより引き出された、全く新しいスタイルの甲州ワインとして生み出されたワインです。
あふれる柑橘果実の香りとフレッシュな酸とのハーモニーが楽しめます。

詳しくはこちら(フェリシティー(楽天市場)のページ)

 

玉緒甲州きいろ香 和柑橘的日本ワインの生産者:シャトー・メルシャン

玉緒甲州きいろ香 和柑橘的日本ワインの生産者:シャトー・メルシャンの情報は購入先のフェリシティーから抜粋・引用しています。

詳しくはこちら(フェリシティー(楽天市場)のページ)

創業当時から進め続ける、革新的なワイン造り。
シャトー・メルシャンは1877年に誕生した、日本最古の民間ワイン会社「大日本山梨葡萄酒会社」をルーツとするワイナリーです。
「良いワインとは、その土地の気候・風土・生産者によって育まれるブドウを、素直に表現したものある。」という信念をもとに、シャトー・メルシャンは「Growing Differences in the World」(違いを育む)ー世界を知り、日本の個性を育てるーというコンセプトを掲げ、日本のワインでしか表現できない個性を育んでいます。

ワインの味わいはブドウの質で殆どが決まると考え「適品種・適所」の理念のもとブドウ品種にあった栽培地を選定。
山梨県、長野県、福島県、秋田県と様々な地域に契約農家や自社畑を保有。
それぞれの土地の気候・土壌・水捌け・日照条件などを研究し、それぞれにあったブドウ品種を栽培しています。
産地の個性がしっかりと表れた、ブドウ栽培のレベルアップが国産ブドウの品質を向上し、日本のワインの品質向上につながっています。

 

シャトー・メルシャンの玉緒甲州きいろ香 和柑橘的日本ワインの感想

オイルストーブのような懐かしい香り、柔らかい和柑橘、オレンジ、レモン、グレープフルーツなど様々日本産の柑橘系果実、緑や爽やかなハーブなどの香り。

1つ1つの香りは優しく、強く主張しない。そして、全体の印象も香水のように強くはない。しかし、果実感溢れる素晴らしい香りです。また、香りのボリューム感に驚かされます。

まさに日本的です。個として強い主張はしないけれど、全体では調和して素晴らしい香りを生み出しています。

口に含むと、程良い酸味があり、果実味が豊富です。

日本産のオレンジやレモン、すだちやゆずなどの和柑橘、優しい爽やかなハーブ、ミネラルなどの味わい。

水分をたっぷり含んだ優しく、ジューシーな果汁を飲んでいるかのようです。日本らしい柔らかで優しい味わいで、和食に非常に合いそうな印象です。

酸味もある程度あるので、爽やかさがいい! 余韻では優しい日本の柑橘系果実がじわーと漂います。

奥行きのある爽やかな果実味です。非常に美味しいワインです。

 

シャトー・メルシャンの甲州きいろ香は以前から気になっていたワインです。ついに抜栓することができました。

今回は甲州きいろ香と銘打つワインの中で、玉緒甲州きいろ香というワインを抜栓しましたが、非常に日本的な香りと味わいのワインでした。

日本で果物を育てると、レモンやオレンジなども酸っぱすぎない、丸みのある酸味の優しいイメージの味わいや香りになる印象がありますが、ワインも同様の印象でした。

非常に親しみやすく、それでいて特有の香りと味わいをしっかりと持つワインでした。

2000円位~手に入るワインですし、WEBのワインショップはもちろん、スーパーでも販売していることもあるので、ぜひチェックしてみてください。

 

シャトー・メルシャンの玉緒甲州きいろ香 和柑橘的日本ワインの基礎情報

・ワイン名:シャトー・メルシャン・玉緒甲州きいろ香2018

・生産者:シャトー・メルシャン(醸造所:勝沼ワイナリー)

・生産地:日本>山梨県>甲府市>玉緒地区

・葡萄品種:甲州

・購入先:フェリシティー(楽天市場)

2300円位で購入。

・参考価格(ネットショップ):2000円台~

 

シャトー・メルシャン関連のおすすめ記事

今回抜栓したシャトー・メルシャンは甲州を使った非常に日本的なワインでした。

逆に、下記のワインは国際品種を使った赤ワインの記事です。

メルローとカベルネ・ソーヴィニヨンを使った20年を越える古酒を抜栓した時のワインの感想です。

日本ワインの古酒を飲んだのは、恐らくこのワインが初めてだったと思います。貴重な経験をすることができました。

 

長野メルロー&山梨カベルネ1999/シャトーメルシャン

貴重な日本ワインのオールドヴィンテージをいただきました。ドライフルーツやベリー系、ブルーベリーなどの赤黒系果実の豊富な香り。タバコの雰囲気もあります。貴重な経験になりました!

日本ワインの古酒。シャトーメルシャンのメルロー&カベルネシャトーメルシャンの長野メルロー&山梨カベルネ1999。貴重な日本ワインのオールドヴィンテージをいただきました。ドライフルーツやベリー系、ブルーベリーなどの赤黒系果実の豊富な香り。タバコの雰囲気もあります。貴重な経験になりました!...

★ブログランキングに参加中です。よろしければクリックをお願いします!励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ABOUT ME
ワインの探究者ヴァンさん
◆実際に飲んだワイン、及び、料理とのペアリングを紹介。 ◆各ワインの情報を掲載:テイスティングコメント、ワイン名、生産者、生産地、ブドウ品種、栽培・醸造法、原産地呼称、輸入元、購入先、参考価格、合わせた料理など ◆ワインイベントやワインが美味しいお店などのレポートなども掲載 ◆Twitter:日々のワインライフをtweet ◆instagram:ワイン、及び、料理とのペアリングをポストワインセラーのストックは約400本。