ピノノワールのおすすめワイン 価格帯・地域別の厳選5本

画像は記事へのリンクです。

ピエモンテ州(赤)

ネッビオーロ、メルロー、バルベラを使うピエモンテ州の赤ワイン

ネッビオーロ、メルロー、バルベラのワインについて

TRE・モンフェラト・ ロッソ2008

生産者:ダカーポ(dacapo)

このワインはオステリア ガウダンテ大阪駅前第4ビル店(食べログ)というお店で、料理に合わせてソムリエに選んでいただきました。料理が美味しく、ソムリエのサービスやシェフの料理も好きで、何度となく利用させていただいています。イタリア人シェフが「ボンジョルノ!」で迎えてくれます。料理の価格帯もカジュアルなため、若い顧客も多く、お店は賑やかで活気のある雰囲気です。

恐らくこのワインはお店の独自仕入れで、ネットでは買えないのではないかと思います。そういった点もこのお店の良さの1つと思います。

ちなみにワインの名称は、3種のブドウを使っているので「3」を意味する「TRE」とのことでした。ソムリエ談。

このワインは5年以上前に同じ店でソムリエに選んでもらって飲んでいます。ちなみにソムリエは今回とは違う方です。

1回目は「フランスのシラーのようなワインが好きで、コース料理とケンカをしない赤ワインを」とオーダーしました。その時のコース料理がピエモンテの素材を使ったピエモンテ料理でしたので、ピエモンテのこのやや野性的で華やかで凝縮感のあるワインが登場しました。

2回目はラムをメインディッシュに注文したので、「ラムに合う赤ワインを」とオーダーしてこのワインが出てきました。

1回目がかなり前なので懐かしいです。そして、いずれも料理にぴったりのワインをチョイスしてくれています。野性味があり、凝縮感があるワインですので、ラムにも負けずに良く合いますし、1回目の時は確かバルサミコソースのかかった豚肉の料理で、豚肉の臭みを調理とワインでうまくこなしてくれました。

料理も美味しく、ワインも面白いのが多く、私は神戸のお店も含めて、ディナーもランチも何度となくいただいています。当時のシェフがピエモンテ出身の方で、恐らく独自ルートを持っておられて、普通では飲めないワインの仕入れをしているとの説明をソムリエから聞いた記憶があります。

ネッビオーロ、メルロー、バルベラのワインの感想

華やかな花、フレッシュな赤系果実、上品な熟した黒系果実の香りがする。スパイシーな香りが加わり、複雑さを併せ持つ。口に含むと、熟したエレガントな赤い果実、熟したブラックベリーなどの黒系果実の味わい、加えて、生肉やなめし革のような野性味を感じる。酸味は少なく、凝縮感があり、上品な甘みと華やかさ、そして少し野性味があり、肉料理によく合うワインです。

毎回ディナーのときはソムリエにワインを選んでもらっています。同じワインが出たのは、このワインが1回だけです。毎回異なるワインがでてきて、非常にソムリエのワインのチョイスが楽しめますし、勉強になります。

初めて行ったときは、泡、白、赤の順で3本を選んでもらい、赤は非常にエレガントな、恐らくネッビオーロだったと思います。その時は、リッチな方に連れて行ってもらい、その方のオーダーでエレガント系を頼んでおられたと思います。その時は3人で6000円位のコースを頼み、ワイン3本を含めて5万円弱位だったたと思います。

ネッビオーロ、メルロー、バルベラのワインの基礎情報

1 生産地:イタリア>ピエモンテ州

2 葡萄品種:ネッビオーロ、メルロー、バルベラ

3 参考価格:6000円程度(お店価格)

4 原産地呼称:モンフェラト・ロッソ(DOC)

5 お店:オステリア ガウダンテ大阪駅前第4ビル店について

ランチもお値打ちで、グラスワインと一緒に良くいただいています。夜はコース料理も良いですし、私は最近は単品を摘まみにして、専らワインを飲むスタイルですが、ピンポイントでワインと料理を合わせるのも面白いと思います。ソムリエは気さくで良くワインを選ぶ相談に乗ってくれるので、ワインは選んでもらうのがお勧めです。

平日(金曜除く)夜なら空いていて狙い目と思います。金曜日、土曜日は予約するのば無難です。土日のランチはいつも並んでいます。

費用はコースによりますが、3000円位からありますので、2人なら10,000円ちょっと程度と思います。私と妻は、単品でシェアしますので、10,000円程度でした。ランチは平日は1000円から、週末は1300円からで何種類かから選べます。

オステリア ガウダンテ大阪駅前第4ビル店(食べログ)
オステリア ガウダンテ大阪駅前第4ビル店(ぐるなび)

ネッビオーロ、メルロー、バルベラ 関連するおすすめ記事

ピエモンテ州ネッビオーロつながりで2種類。

・ランゲ・ネッビオーロ2016 グイドボーノ

イタリア・ピエモンテ州のグイドボーノのランゲ・ネッビオーロイタリア・ピエモンテ州のグイドボーノが造るランゲ・ネッビオーロ2016。ネッビオーロ100%で造るお値打ちワインを探し求めて、2000円程のこのワインに出会いました。酸味が強めの、果実や花の香り、しっかりとしたタンニンを感じるフレッシュなワインでした。...

・ランゲ・ネッビオーロ2015 パオロ・スカヴィーノ

憧れのスカヴィーノ ランゲネッビオーロで初テイスティング!ランゲ・ネッビオーロ2015パオロ・スカヴィーノ。バローロが高価で手が出ないので、ランゲで初挑戦。初めのアタックはバラのような花の香り、そして赤系果実、スパイスが香ってきます。口に含むと、ジューシーな果実の雰囲気と複雑さがあり奥深いように感じる。...

ネッビオーロ、メルロー、バルベラ 関連するおすすめワイン

★ブログランキングに参加中です。よろしければリックをお願いします!励みになります。

ABOUT ME
ワインの探究者ヴァンさん
★週末だけでもいいので、ちょっと美味しいワインを飲みたい!というタイプです。★必然的に家飲みが多めですが、ソムリエ・ソムリエールがサーブするワインバーも大好きです。 ★直近2年程で500種類を飲み、ワインセラーのストックは300本超に。 ★好きなコミック:『神の雫』

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください