ピノノワールのおすすめワイン 価格帯・地域別の厳選5本

画像は記事へのリンクです。

ヴェネト州(赤)

ピノノワールの1000円台イタリアワイン ジャンニテッサーリ

ピノノワールの1000円台イタリアワイン ジャンニテッサーリについて

ジャンニテッサーリのピノノワール2018

世界のお値打ちピノノワールを求めて、探究中に出会った1本。

イタリアのピノノワールは美味しいというのは、私のお気に入りのフリウリ=ヴェネティア・ジュリア州のイエルマンという生産者のレッド・エンジェルというワインで経験済です。但し、4000円クラスとかなり高価なワイン。⇒記事はこちら

たまに贅沢に飲むにはいいですが、もう少し安価な価格帯でないかと思っていた時に、1700円位で販売しているヴェネト州のワインを見つけました。

ヴェネト州のワインでは、私の好きなアマローネ(⇒記事はこちらで有名な産地。ヴェネト州は、先ほどの美味しいレッド・エンジェルのフリウリ=ヴェネティア・ジュリア州の南西に位置し、イタリアの中では北部に位置し、涼しいのではないかと想像させる地域です。冷涼な地域のピノ・ノワールは繊細でエレガントなワインが多い印象があります。

こういった経緯で購入したワインですが、ピノ・ノワールとしては初めての産地、そして初めての生産者のワインです。もし美味しければ、広くはヴェネト州のピノ・ノワールを探究して行きたいですし、狭くはこの生産者の他のワインも挑戦したい、そんなきっかけになる1本であることを期待して抜栓しています。

ピノノワールの1000円台ワイン 生産者ジャンニテッサーリについて

生産者の情報は輸入元アズマコーポレーションから抜粋・要約しています。

ジャンニ・テッサーリについて 

詳しくはこちら(アズマコーポレーションのページ)

ジャンニテッサーリの畑はアルフォン・ヴァレー(Alpone Valley)内、ロンカ村を中心に55haを所有します。

現在のオーナーは醸造家ジャンニ・テッサーリ氏。彼は創業者のマルカートファミリーの元で醸造を担当していました。そして2013年にワイナリーを譲り受けました。

ジャンニ氏は素材である健全な葡萄を通して、畑ごとのテロワールを削り出す作業を彫刻に例えます。畑のどのような土壌にどの品種を植えるか、その仕立て方、選定、育て方など、彼は葡萄の樹が成長する前に既にそのイメージが先にあるそうです。

そして絶対なる確信の元に収穫される葡萄からジャンニ氏はテロワールの姿を削り出していきます。

メインの土壌は古カルヴァリーナ火山(Calnarina)が源の風化して砕けた玄武岩で、典型体な火山性土壌です。

ピノノワールの1000円台ワイン ジャンニテッサーリの感想

抜栓直後

抜栓すると、少し熟したチェリーなどの赤い果実と、フレッシュさも感じるチャーミングさを持つ赤いベリー系果実も合わせて感じる。そして、爽やかなハーブやスパイス、オレンジやダージリンティのニュアンス。

口に含むと、フレッシュな赤い果実の味わい。しっかりとした酸味、若干の甘味。渋味はほとんど感じない。味わいには果実感が控えめで、陰鬱とした地味な印象。

香りはまぁまぁで味わいは残念なワインか?という第1印象。しかし、その後大きく変貌する!

抜栓後1時間

抜栓後1時間を経過すると、一気に花開く。

抜栓直後の香りに加わり、ストロベリー、薔薇の花の香りがする。香水のような香り高さと華やかさが現れてくる。味わいは、少しの甘味を伴う赤いベリー系果実が非常に美味しい。

時間が経つと、香りは華やかで、厚みが出て、味わいも果実味がよく出てくる。酸味は控えめになることで、さらに少し熟した赤い果実の旨味が強調されている。

おすすめの飲み頃

もしこのワインを飲むならば、抜栓直後は控えめにゆっくりと飲み、1時間経過した以降がおすすめです。味わいや香りが花開き、非常におすすめできる1700円の美味しい旨安ワインに変貌します。

これだからワインは面白いですね。キンキンに冷やした状態だったり、抜栓後一気に飲んでしまうと、この華やかさを全く感じることなく、いまひとつなワインとして認識されてしまうと思います。

ちなみに、抜栓直後は冷蔵庫から出した直後の温度で飲み始めています。(いつもは冷蔵庫に入れているワインは飲み始める30分前位に冷蔵庫から出し、室温に近づけてから抜栓しています)。抜栓後は、冬場の暖房の無い部屋で抜栓したままの状態で、自然に開かせています。

ピノノワールの1000円台ワイン ジャンニテッサーリの基礎情報

・生産地:イタリア>ヴェネト州

・葡萄品種:ピノノワール

・参考価格:1700円位から

・原産地呼称等:IGPヴェネト

・インポーター:アズマコーポレーション

・購入先:葡萄畑ココス

・ショップへのリンク:

ピノノワールの1000円台ワイン関連のおすすめ記事

フランスを除いた欧州の1000円台のおすすめピノノワールです。

・クロスター・ピノノワール・ファルツ2017 クロスタ―醸造所

約1000円という価格ですが、華やかで甘~い赤系果実の香りやフレッシュな赤い果実の香りなど非常に楽しめます。コスパ抜群のワインです。

1000円おすすめピノ! クロスター・ピノノワール・ファルツドイツのファルツの生産者クロスター醸造所が造る「クロスター・ピノ・ノワール・ファルツ・Q.b.a.2017」。約1000円という価格ですが、華やかで甘~い赤系果実の香りやフレッシュな赤い果実の香りなど非常に楽しめます。コスパ抜群のワインです。 ...

・サイクル・ピノノワール2016 ミンコフ・ブラザーズ

ブルガリアのピノノワールの美味しさを知らしめるワインです。ピノの純粋さがあり、素晴らしい香りもあり、バランスが良い。1000円未満で買えますが、3000円位の価格でも納得です。

ハイコスパのピノノワール、ブルガリアワイン恐るべし!サイクルピノノワール2016。ブルガリアのピノノワールの美味しさを知らしめるワインです。ピノの純粋さがあり、素晴らしい香りもあり、バランスが良い。1000円未満で買えますが、3000円位の価格でも納得です。...

ノマド・ピノノワール2016 ドメニーレ・サハテニ・ワイナリー

ボトルの小売価格が1300円です。ジューシーな赤い果実、花、ハーブの複雑な香り。フレッシュで生き生きとしたピノ・ノワールです。この価格ならば、お値打ち感が非常に高いワイン。

ピノノワール1000円台ワイン ルーマニアのサハティーニルーマニアのドメニーレ・サハティーニのノマド・ピノ・ノワール2016。なんとグラスで400円、ボトルの小売価格が1300円です。ジューシーな赤い果実、花、ハーブの複雑な香り。フレッシュで生き生きとしたピノノワールです。...

ピノノワールの1000円台ワイン関連のおすすめ

★ブログランキングに参加中です。よろしければクリックをお願いします!励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ABOUT ME
ワインの探究者ヴァンさん
★週末だけでもいいので、ちょっと美味しいワインを飲みたい!というタイプです。★必然的に家飲みが多めですが、ソムリエ・ソムリエールがサーブするワインバーも大好きです。 ★直近2年程で500種類を飲み、ワインセラーのストックは300本超に。 ★好きなコミック:『神の雫』

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください