フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州(赤)

イタリアのおすすめピノノワール イエルマンのレッドエンジェル

イタリアのおすすめピノノワール レッドエンジェル2014

このワインはイタリアのウリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州で造られたものです。地理的にはイタリアの北東部にあたり、州の北はオーストリア、東はスロベニアという位置関係になります。

イタリアでは北側、白ワインの産地のオーストリアと隣接と聞き、イメージとしては色ワインの産地だろうとまずは想像しました。

実際にオーストリア領時代もあり、白ワインの銘醸地でもあったようです。

そんな地域で造られるピノ・ノワールはきっと繊細で透明感のある赤系果実の飲み易いワインではないかとさらに想像してこのワインを購入しました。

実際に造り手のイエルマンは、所有する畑がブルゴーニュのテロワールと似通っていると語っているようで、繊細、かつ、しなやかな出来栄えのワインとのエノテカの説明もあります。

実際に私も飲んでみて同様に感じました。繊細でエレガントなピノが好きな日本人には、私もですが、ハマりそうなワインだと思います。

イタリアのおすすめピノノワール 生産者イエルマン

生産者の情報はエノテカオンラインから抜粋・要約しています。

イエルマンについて

詳細はこちら(エノテカオンラインへのリンク)

icon
icon フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州を『イタリア随一の白ワインの産地』、また『現代イタリア白ワインの聖地』と評されるまでに高めた造り手です。

イエルマンが本拠地を構えるゴリツィアのヴィラノーヴァという村は、オーストリアに帰属していた時代から白ワインの産地として名高く、いまでも高品質な白ワインを多く産出している。

イエルマン家は1881年にオーストリアから移住してワイン造りを始めたが、現在の4代目当主シルヴィオ・イエルマン氏が世界各地で絶賛されるように導いた立役者である。

イエルマンを代表するワインは、シャルドネという国際品種を使用しバリック熟成という当時では革新的な方法を用いて造られた、記念碑的作品「ワー・ドリームス」。また、イタリアで最も権威のあるワイン評価誌、ガンベロ・ロッソや伊ソムリエ協会が主催するコンペティション、オスカー・デル・ヴィーノにて「イタリアの白ワイン年間No.1」に選ばれた実績を持つ「ヴィンテージ・トゥニーナ」などがあります。

モダンなイメージが先行するイエルマンですが、モダンなだけではなく、伝統的手法と土着品種に重きを置いたワイン造りが行われている。また、どのワインからもシルヴィオ氏の土地への愛着と、先祖への尊敬が感じられます。イエルマンが持つ最大の魅力は、伝統的な製法と、シルヴィオ氏の抜群のセンスと革新が融合したスタイルであると言えるでしょう。

イタリアのおすすめピノノワール レッドエンジェルの感想

抜栓直後から、フレッシュなクランベリーやレッドチェリーなどの赤系果実や、バラなどの花の芳しい香りが広がる。

口に含むと、しっかりした酸味という予想に反し、酸味は控えめで柔らかい。そして、ボディは繊細で、透明感のあるイメージを受ける。

しかし、同時に豊富な果実味やミネラル感がある。ジューシーで少し熟した赤系果実の繊細な味わい、ハーブやスパイスも感じ、複雑性もある。

香りが抜栓直後から、かなり芳しく非常に素晴らしいです。果実味は豊富ですが、透明感があり、繊細でエレガントな印象です。

非常に上品で美味しいワインです。私はこのワインのファンになり、その後、何度となくバーや自宅で他のヴィンテージも含めて飲むようになりました。

イエルマンは価格は少ししますが、非常にエレガントなワインを造るので、大好きな生産者です。

ピノノワールのおすすめワイン 価格帯・地域別の厳選5本

ブドウ品種ピノノワールで造られたワインから、1000円台、2000円台、3000円台の3つの価格帯、地域別におすすめワインを厳選して5本ずつ紹介しています。

ピノノワールのおすすめワイン 価格帯・地域別の厳選5本ブドウ品種ピノノワールで造られたワインから、1000円台、2000円台、3000円台の3つの価格帯、地域別におすすめワインを厳選して5本ずつ紹介しています。...

イエルマンのブラウ・エンド・ブロウについて

イエルマンのブラウ・エンド・ブロウも何度もリピートして飲んでいます。

ブドウ品種はブラウフレンキッシュ(=フランコーニア)とブラウブルグンダー(=ピノ・ネロ、ピノ・ノワール)の2種です。こちらも非常に香り高く、味わいもエレガントなワインですが、飲みごたえもしっかりとあり、レッドエンジェルとはまた異なる美味しいワインです。

イタリアのおすすめピノノワール のレッドエンジェルの基礎情報

・生産地:イタリア>フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州

・葡萄品種:ピノ・ネロ主体(ピノ・ノワール)

・参考価格:4000円台前半~

・醸造法:新樽率50%、フレンチオーク樽を用いて14~16ヶ月熟成

・インポーター:エノテカ

・購入先:エノテカ

エノテカ・オンラインのおすすめの活用方法のポイントを解説

エノテカオンラインを活用して、ワイン・ライフをもっと楽しめるような便利なサービスなどのおすすめポイントや、ワインを少しでもお値打ちに購入するおすすめの方法などを紹介しています。

エノテカ・オンラインのおすすめの活用方法のポイントを解説エノテカオンラインを活用して、ワイン・ライフをもっと楽しめるような便利なサービスなどのおすすめポイントや、ワインを少しでもお値打ちに購入するおすすめの方法などを紹介しています。...

ピノノワール関連のおすすめ記事

同一価格帯(4000円位)の世界の美味しいピノノワールです。この価格帯ではかなり美味しいピノを選ぶことができますので、まだまだ未発掘なワインがありそうです。現在ブログにアップしている中では、この4種のワインがおすすめです。

・ヤルデン・ピノ・ノワール2016 ゴラン・ハイツ・ワイナリー

イスラエルのゴランハイツ・ワイナリーのヤルデン・ピノノワールイスラエルのゴラン・ハイツ・ワイナリーのフラッグシップ・シリーズ、ヤルデン・ピノ・ノワール2016。初めてのイスラエル・ワインは、カリフォルニアの陽性の華やかなピノ・ノワールを思い浮かべました。赤いベリー系の熟した甘い香りと味わいが素晴らしいかったです。...

 

カリフォルニアは陽気なイメージのピノノワールがたくさんありますが、ラ・クレマのワインは少し陰性の要素があるような印象です。ソノマだとより顕著です。イスラエルのヤルデンに近いならば、ラ・クレマのモントレーかなぁと感じます。

・モントレー・ピノ・ノワール2016 ラ・クレマ

カリフォルニアのピノノワールも美味!ラ・クレマのモントレーラ・クレマのモントレー・ピノ・ノワール2016。以前から気になっていた生産者です。カリフォルニアらしい陽気なワインかと思いきや、ブルゴーニュのような少し陰性の雰囲気を持つ。冷涼な側面がある地域らしく、美味しいワインに仕上がってます!...

 

ACブルゴーニュでもこの価格帯は美味しいワインがたくさんあります。毎年ダース買いしているルーデュモンのブルゴーニュ・ルージュです。

・ブルゴーニュ・ピノ・ノワール2014 ルー・デュモン

ルーデュモンのブルゴーニュ・ルージュ2014、4本目を抜栓!ルー・デュモンのブルゴーニュ・ピノ・ノワール2014をリリースから2年超経過してから抜栓しました。リリース直後は非常に酸味が強く、そして香りは薔薇のようにエレガントでしたが、時間と共にどのように変化しているか楽しみな1本です。...

ピノノワール関連のおすすめワイン

目標「イタリアワイン全州制覇」」

1 既に経験済の州

1)ブログ記事あり(※リンクはこのブログの他の記事)

・ピエモンテ州

バローロランゲ・ネッビオーロ

・トスカーナ州

プロミス

カジノ・デッレ・ヴィエ

・ヴェネト州

アマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ・クラシコ

パラッツォ・デッラ・トーレ

・フリウリ・ヴェネツィア・ジュリア州

レッドエンジェル

・ヴァッレ・ダオスタ州

ヴァッレ・ダオスタ

・プーリア州

フィキモリコレッツィオーネ・チンクアンタ

・ロンバルディア州

フランチャコルタ・アルマ・グラン・キュヴェ・ブリュット

・マルケ州

バッカス

・モリーゼ州

モリ・ロッソ

 

2)ブログ記事無し(セラーにあり、まだ飲んでいないものを含む)

随時アップしていきます。

アブルッツォ州、ウンブリア州、サルディーニャ州、シチリア州、バジリカータ州

2 今後制覇予定の州

・トレンティーノ=アルト・アディジェ州、エミリア・ロマーニャ州、リグーリア州、ラツィオ州、カンパーニア州、カラブリア州

 

★ブログランキングに参加中です。よろしければクリックをお願いします!励みになります。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ABOUT ME
ワインの探究者ヴァンさん
★週末だけでもいいので、ちょっと美味しいワインを飲みたい!というタイプです。★必然的に家飲みが多めですが、ソムリエ・ソムリエールがサーブするワインバーも大好きです。 ★直近2年程で500種類を飲み、ワインセラーのストックは300本超に。 ★好きなコミック:『神の雫』

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください