アルザス(白・ロゼ)

アルザスのワイナリーで購入、創業4百年超のドップのゲヴェル

アルザスのワイナリーで購入、ドップのゲヴェルについて

ゲヴェルツトラミネール・グラン・クリュ・ブラン(Brand)2015

このワインは、8月末頃に休暇を取り、アルザスに行った際に、ワイナリーツアーに参加してワイナリーで直接購入してきたものです。

3ワイナリーと2つの村を巡るアルザス、おすすめワイナリーツアアルザスのワイナリーツアーに参加したときのレポートです。フランスで最も美しい村「オベルネ」「リクヴィル」の2つの村、アルザスの郷土料理、3ワイナリー21種類のテイスティング、ワイン好きつながりの他の外国人参加者との国際交流もできる充実のツアーでした。...

さっそく、購入した4日目のフランス滞在中に飲んでしまったワインです。ちなみに、この日は同じワイナリーのピノ・グリ・グラン・クリュもホテルで抜栓し、2本とも空けてしまいました。せめて違う日にしたら良かったかもとちょっとだけ後悔…。

アルザスのワイナリーで購入、創業4百年超ドップのピノ・グリアルザス、ワイナリーツアーで購入したドップ・オ・ムーランのピノ・グリ・グラン・クリュ・ショーアンブール2015です。柑橘系だけではなく、アプリコットや桃などの味わいもあり、厚みのある美味しさです。まさにグラン・クリュの風格でした。 ...

ただ、基本的には飛行機で揺られて日本に持って帰ってから飲むよりは、ワイナリーで直接買い付けて、その地で飲むのが最も美味しく飲めると思っています。よって一番美味しく飲めたに違いありません。

ワイナリーツアーでは3ワイナリーを回りましたが、購入したワインはそれぞれ、ゲヴェル&リースリング、ゲヴェル・リースリング、ゲヴェル&ピノ・グリで、私がいかにゲヴェルを好きかが判明してしまいました。最後のピノ・グリは妻がリクエストしたので購入しましたが、リクエストがなければ、リースリングとピノ・グリで迷っていましたので、リースリングを買っていたかもしれません。なお、1軒目のクレヴネール(主にアルザス地方の品種)というブドウ品種もかなり候補でしたが、結果はリースリングを選択。もう少しバランス良く嗜まないといけませんね。

生産者:ドップ・オ・ムーラン

このワイナリーのワインは2本目ですので、一部以前の記事から再掲します。

(再掲)

このワイナリーは、1574年創業で、アルザスの伝統的な手法でブドウ品種の特徴を素直に表現したワイン造りを行っているとのことです。実際にワイナリーで7種類のワインを飲みましたが、いずれも美味しく、他に2軒回ったワイナリーよりも価格が少しだけ高めでした(といっても日本で売ってるワインより、クオリティ的にはかなり安いと思います)。

ワイナリーツアーで回った3軒の内、このワイナリーワインについては、一部は購入することができるようですので、今度買い損ねた品種を買ってみようと思います。ゲベルは買ったので、リースリングとクレマンあたりを狙っています。

※グラン・クリュではありませんが、AOCアルザスなら日本でもこのワイナリーのワインは買えるようです。

下記画像は「VELTRA」のアルザス・ワイナリーツアーのページにリンクしています。こちらで申し込みし、参加しました。

icon

アルザスのワイナリーで購入、ドップのゲヴェル ワインの感想

ライチの凄い香りがする。非常にアロマティック。マンゴーや柑橘系果実、ハーブの香りもあって多彩。口に含むと、まずはライチが際立つ、次に、アプリコット、マンゴー、桃などの少しまったりした果実、スパイスのニュアンスがある。ジューシーな果実味を感じ、瑞々しい印象も受けます。少し甘味があり、また、非常にリッチなんですが、ジューシーさとやや強めの酸味のためか、非常にバランスが良く、美味しいワインです。

抜栓2日目では、ライチの抜きん出た味わいや香りは落ち着き、もう少し普通のゲベルの美味しさになり、ある意味飲みやすくなっていました。

ホテルの部屋に冷蔵庫もなかったので、抜栓後はエアコンの聞いた室温で保管していますので、それ程理想的な環境でもありませんが、もちろんへたっているわけではありません。しっかりしたボディをしていたんだと思います。

しかし、よく考えると、エアコンの効いた室温で保存していて、抜栓して飲み、瓶にコルクを刺しなおして、同じくエアコンの効いた室温で24時間後に普通に飲めるのは、凄いワインなのかもしれません(全然冷えていない抜栓後24時間のワインは、普通は美味しそうではないですから。)

それにしても、あのパンチの効いた独特な香りと味わいは当面忘れることはできなさそうです。美味しかったです。お勧めしたいのですが、グラン・クリュは日本では売ってなさそうですので、AOCアルザスのゲヴェルでまずは試していただいてはどうかと思います。

アルザスのワイナリーで購入、ドップのゲヴェル ワインの基礎情報

1 生産地: フランス > アルザス

2 葡萄品種: ピノ・グリ

3 参考価格: 26.95€(3200円位)

アルザスのワイナリーで購入、ドップのゲヴェル関連のおすすめ記事

・アルザス、ワイナリーツアーの記事

3ワイナリーと2つの村を巡るアルザス、おすすめワイナリーツアアルザスのワイナリーツアーに参加したときのレポートです。フランスで最も美しい村「オベルネ」「リクヴィル」の2つの村、アルザスの郷土料理、3ワイナリー21種類のテイスティング、ワイン好きつながりの他の外国人参加者との国際交流もできる充実のツアーでした。...

・フランス旅行で飲んだお酒や料理の記事です。

フランス(アルザス&パリ)で食べた美味しい郷土料理や果物などアルザス3泊、パリ3泊のフランス旅行中に食べた食事などの備忘録です。アルザスは郷土料理を中心に、パリではビストロのカフェテラスなどで食事をとりました。やはり日本と違って色々異なり、楽しかったです。現地のスーパーで買った果物も記載しています。...
フランス旅行関連で飲んだワインなど40種類のお酒の一覧 7泊8日(機中泊1日含む)のフランス旅行でテイスティングや機内食を含めると、38種類のお酒をいただいたので、備忘録として整理してみました。その内、ワインが35種類、さらに、アルザスワイン(恐らくも含む)で、26種類を堪能することができました。...

アルザスのワイナリーで購入、ドップのゲヴェル関連のおすすめワイン

アルザスに行かずとも、AOCアルザスならばこの生産者のワインは購入できます。楽天でリースリング、ゲヴェル、クレマンを発見しました!

 

★ブログランキングに参加中です。よろしければクリックをお願いします!励みになります。

ABOUT ME
ワインの探究者ヴァンさん
★週末だけでもいいので、ちょっと美味しいワインを飲みたい!というタイプです。★必然的に家飲みが多めですが、ソムリエ・ソムリエールがサーブするワインバーも大好きです。 ★直近2年程で500種類を飲み、ワインセラーのストックは300本超に。 ★好きなコミック:『神の雫』
あわせて読みたい!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください