ステレンボッシュ(白・ロゼ)

南アフリカのラーツのシュナンブラン 多様な味わいの白ワイン 

南アフリカのラーツのシュナンブランについて

ラーツ・オリジナル・シュナン・ブラン2017 

南アフリカワインは、かなり前にブドウ品種ピノタージュの赤ワインを飲んで何本か飲んで以来、10年近く飲んでいなかったかもしれません。

そんな中、南アフリカのワインの品質向上を聞きつけ、ここ2年間で、セパージュ(ブドウ品種)がカベルネ・ソーヴィニヨン&シラーズ、ピノタージュ&シラーズの赤ワインを2本飲んでいます。

そんな中、ツイッターで南アフリカのクオリティが非常に高い評判を聞きつけ、ブドウ品種ごとに1本ずつ、赤・白ワイン合わせて5本をまとめ買いしました。その内の1本、シュナン・ブランです。

※リンクは本ブログの他の記事です。

ポールクルーパー、シャルドネ

・ラーツ、シュナン・ブラン

ラ・モット、ソーヴィニヨン・ブラン

スタークコンデ・ワインズ、ポストカードシリーズ・エルギン・ピノ・ノワール

ラ・モット、ラ・モット・ミレニアム(メルロー、カベルネ・フラン他

ちなみに過去2年で飲んだ赤ワイン

・レオパーズ・リーフ、ルックアウト・カベルネソーヴィニヨン・シラーズ

・同、ピノタージュ・シラーズ

今回はシュナン・ブランですが、ブドウ品種はよく聞きますが、恐らく初めて飲みます。楽しみです。なお、他も美味しいワインを随時レポートしていきます。

生産者:ラーツ

購入先のエノテカさんから生産者の情報を抜粋・要約しておきます。

ラーツは、2000年創立のワイナリー。南アフリカ白品種の「フラッグシップ」としてのシュナン・ブランの位置付けを明確にした造り手。
古くからのワイン産地のステレンボシュ地区にて、樹齢の古いシュナン・ブランとカベルネ・フランに特化したワイン造りを行っており、特にシュナン・ブランを国際マーケットにおいて認められるよう努力した功績は大きく、『シュナン・ブラン・キング』と称されています。

南アフリカの権威あるワイン評価ガイド『プラッターズ・ガイド』では、3年連続でワイナリー・オブ・ザ・イヤーを受賞。『デキャンタ』『ワイン・スペクテーター』『ワイン・アドヴォケイト』『ニューヨーク・タイムズ』などの評価誌や出版物にも幾度も取り上げられ、著名なワインジャーナリストであるジャンシス・ロビンソン女史からも賞賛を受けるなど、国際的にも高い評価を獲得しています。

栽培においては農薬を使用しておらず、サステイナブル(持続可能)な農法技術を実践。ワインメーカーのブルーワー・ラーツ氏は、『土』にこだわることをモットーとし、なるべく自然の状態を保つため、有機栽培とビオディナミの考えに基づいたブドウ栽培を目指しています。

エノテカオンライン「ラーツ・オリジナル・シュナン・ブラン」のページ

凄い生産者のようです。シュナン・ブランを買えてよかったです。少なくとも今回南アフリカの代表的なシュナンブランの味わいを知ることができます。また、サスティナブルを意識した農法を実践されていることは、個人的にも賛同していますので、今後私にとっても注目の生産者になりそうです。

南アフリカのラーツのシュナンブラン ワインの感想

ジューシーで膨よかな、りんご、ライムなど果実の香りに、ハーブが加わる。香りでかなり楽しめます。口に含むと、酸味を伴う爽やかなライム、苦みを伴うグレープフルーツなどの柑橘系果実、膨よかで上品な甘味のあるトロピカルフルーツなどの様々な果実の味わい。ミネラルをしっかりと感じる。酸味、甘味、苦味、ミネラル感がバランスよく仕上がっている印象。余韻もそれぞれの味わいをよく感じることができるワインで、最後まで楽しめます。

香りの第1印象はソーヴィニヨン・ブランのような爽やかさ、開いた後の香りはシャルドネのような芳醇さ、味わいは最後までしっかりとした余韻に残る美味しい個性の重なり合い、そんなワインでした。香りも味わいもかなりしっかりとしていてインパクトがあります。

樽を使わず、ステンレスタンクのみで造っているワインとの説明がエノテカさんのページでありました。樽による複雑さを加えないこと、ビオデナミなどで栽培されたブドウであることなどから、果実のピュアな味わいや香りを出せるということでしょうか。良い経験をさせていただきました。南アフリカも凄いなぁとファン度合が高まりました。

南アフリカのラーツのシュナンブラン ワインの基礎情報

1 生産地: 南アフリカ > 西ケープ州 > ステレンボッシュ

2 葡萄品種: シュナン・ブラン100%

3 参考価格: 3000円程度

4 ポイント:ワインスペクター誌89点

5 購入先:エノテカ

エノテカオンライン「ラーツ・オリジナル・シュナンブラン」

南アフリカのラーツのシュナンブランに関連するおすすめ記事

ブドウ品種を飲み比べ、2000円程度までの価格帯の美味しい白ワイン。

ソーヴィニヨン・ブラン シャトー・モン・ペラ・ブラン2015

ボルドーブランとソーヴィニヨン・ブランの印象を一変させたワイン「神の雫」には赤ワインが掲載されたシャトー・モン・ペラ・ブラン。このワインを飲み、ソーヴィニヨン・ブランの印象が180度変わり、大ファンになったきっかけの1本です。草原にたたずむような爽やかな香りが漂い、様々な柑橘系の果物、白い花などの香りが多層的に溢れる。...

グルナッシュ・ブラン ラ・パッション・ブラン2015

15年以上のマブダチワイン!ラングドックのラパッション赤白泡ラ・パッション・ブラン2015。1000円前半と思えないクオリティ。酸味があり、柑橘系果物のようなの爽やかを持ちながら、洋梨、パッションフルーツなどの南国果実の味わいがしっかりと感じられ、飲みごたえもあります。毎年変わるコミカルなエチケットも楽しみです。...

シャルドネ ペイドック・シャルドネ2016 ルーデュモン

日本人が造るラングドックのシャルドネ!スタジオジブリ・コラボペイドック・シャルドネ2016。2000円位。スタジオジブリとのコラボラベル。ルーデュモン(仲田氏)がラングドックで造るシャルドネ。レモン、グレープフルーツなどの柑橘系の果物の香りが漂い、その後マンゴーのような南国の果実を楽しめます。...

南アフリカのラーツのシュナンブランに関連するおすすめワイン

★ブログランキングに参加中です。参考になりましたらクリックをお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

ABOUT ME
ワインの探究者ヴァンさん
★週末だけでもいいので、ちょっと美味しいワインを飲みたい!というタイプです。★必然的に家飲みが多めですが、ソムリエ・ソムリエールがサーブするワインバーも大好きです。 ★直近2年程で500種類を飲み、ワインセラーのストックは300本超に。 ★好きなコミック:『神の雫』

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください